今年は早い・・??

天気が安定しなくて困っています。 予報では晴れの日が続くことになっているのに夜半に雨がしっかり降ったり、気温が上がってきたかと思うと寒さが戻ってきたりと、ジャガイモを植えるタイミングが難しくて困ったものです。 そんな天候不順(?)でも、春は間違いなくすぐそこまで来ているようです。

下旬だとは云うものの、今はまだ3月なのに今年の初物となるワラビを採ってきました。

20170323_warabi.jpg

2,3日前、ウォーキングしていた時に道端にワラビを発見しました。 その時は数本のワラビが枯れ草の中から少し頭を上げている状況で、「オッ、もうワラビが出始めたなぁ」という程度だったのですが、今日はすっかりと、完全なワラビになっていました。

丈はまだまだ短くて不揃いですが、これはこれで立派なワラビです。 しかもその一画だけに現れたワラビです。 特にここだけ日当たりが良いという訳ではないのに、20m程の区間に手のひら一杯のワラビをとることができました。 帰り道ではやや開いたフキノトウもついでに採って・・・今晩の食卓は天麩羅ですね。

スポンサーサイト

ヒメリュウキンカ

太陽の日差しも徐々に明るくなってきた中、道端や畑の隅に輝くように咲いている黄色い花が目につきます。
黄色い花弁は光沢もあってキラキラ輝いているのが特徴で枚数も8枚から10枚あります。 葉はハート形ですがこれも濃い緑色で光沢があります。 ヒメリュウキンカ(姫立金花)という帰化植物で、この時季には特に何処にでも黄色い色の花が光るように群生しています。

20170322_himeryukinka.jpg

春の香り

20170319_fuki.jpg一週間ほど前からは気温の方も暖かくなって少し動くと汗ばむようになってきました。

今年は遅いと思っていたフキノトウも道端にたくさん見られるようになってきて、そんなフキノトウをポケット一杯に詰め込んでウォーキングから帰ってきました。

夕食の食卓にはフキ味噌と天ぷらが並びました。 若いころは口にすることもなかったホロ苦いフキノトウですが、数年前から採ってきては天麩羅やフキ味噌で春の香りを楽しむようになりました。 晩酌も、いつものビールから日本酒に変更してグイグイと杯が進みますね。 フキ味噌の方は炊き立ての熱いご飯の上にのせて食べると程良い苦みと味噌の味が調和して美味しく頂けます。 

追記 (2017/03/20)
同級生から俳句の投稿がありましたので紹介します。

「蕗味噌や 白寿の母が 味見する」 森 隆信

ブーツ

20170316_boots.jpg前回のレッスン終了後、ブーツの底とのつなぎ目が口をあけているのに気付きました。

その前から、雨の降った日や水溜りを歩くと靴下が濡れることがあり、縫い目から浸水するのかと思っていたのですがそうではなかったようです。 3年間使った合皮製のブーツでしたが、今度は思い切って本革製ブーツを購入しました。

このブーツは見たとおり、これまでのブーツと違って爪先部分の縫い目がなく、その上に甲の部分にファスナーもついていないので履くときには少し窮屈に感じますが、使い込んで足にも馴染んてくれば、それほど気にはならなくなるでしょう。 高価な買い物が続きました。

鏡・・ ??

20170315_cooler.jpgエッ、戸一枚分もあるような大きな鏡が台所に登場・・?

鏡だとしたらどうして区切りがあるんでしょう。 って、もちろん鏡なんかではありません。

最近、冷凍庫に入れたアイスクリームの形が崩れて包装フィルムにくっ付いているので食べるときにそのフィルムを剥がすのに一苦労。

全く冷凍が効かないのではなくて中途半端にアイスが融けるので、長期(・・と云っても高々一週間以内ですが)保存できません。

20年近くも使っていた冷蔵庫との決別を決めて、新しい冷蔵庫が届きました。 この鏡(?)、冷蔵庫なんです!

これまでのものとは一回り大きいように思います。 良く利用する冷蔵庫の部分は上方の段なのですが、小柄な妻にとっては踏み台を持ってこないと手が届かないんじゃないかなと思えるほどです。

奥行きもあるので、私でも最上段の奥の方のものは取りづらいかも。


ホオジロ

最近の我が家の縁側はすっかり野鳥観察所のようで、今朝も新しい野鳥がやってきました。 忙しく動く回る野鳥の全身は茶色で、一見スズメのようですが顔の部分に大きな特徴があります。(写真クリック:4枚)

正面からみると黒班が「大」の字に見えます。 別名は山雀(やますずめ)とも呼ばれるようです。 

20170314_hojiro.jpg


団子まき

20170312_nehan-e.jpg酒見の龍護寺での「涅槃会(団子撒き)」にお参りしました。 昨年は都合が悪くてお参りできなかったので2年ぶりになります。

涅槃会の法要に続いて方丈さん(住職)の法話がありました。 3.11といえば決して忘れることのない東日本大震災の日で、今年は6年目になります。 被災で亡くなった人の7回忌の法要も併せて行われました。

最後は皆で、「まごころに生きる」を歌って終わりました。

この歌は禅のこころ-曹洞宗「梅花流詠讃歌」として南こうせつが作詞作曲しました。 

私は知らなかったのですが、聞いているうちに何となくそんな風に思えてきて検索・・・。 

南こうせつは大分の曹洞宗寺院の三男の関係もあっての御縁だそうです。 動画は、福島県二本松市 曹洞宗 永松山 龍泉寺 開山555年記念講演での収録で、You Tube からの転載です。



気多の梅

今年になってもう3月の上旬になりましたが、羽咋の気多神社に初めてお参りしました。 この時期は参詣者もいないだろうと思っていたのですが、なんと若い人たちがたくさんお参りしていたのには驚きです。

受験シーズンも終わって今は合格発表のニュースも聞かれるのですが、めでたくも祈願成就した若い人たちのお礼の参拝なのでしょう。 若人の明るくて元気な笑い声が静かな神社の境内に溢れていました。

20170311_ume.jpg

     
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報
最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示