秋晴れです

今日も青空が広がりました。 秋晴れです。

暦も10月になり衣替えの時季ですが、私にとっては衣替えという年中行事とは無縁で、暑ければ薄着で寒ければ厚着でとその日の気候に合わせての気儘な毎日です。 そして明日(2日)からはしばらく家を空けることになります。 今月下旬までの間、退屈な毎日となりそうですが治療入院です。

前回の検査入院の時はタブレットを持ち込んでいたのでそれほど退屈な思いもしなかったのですが、今回は持っていかない事にしました。 それと云うのも、最初のうちは何の問題もなく順調にアクセスできたのですが、その内にタブレットの調子が悪くなって用を足さなくなってしまいました。 原因は不明です。 病院で使っていたので、悪いウイルスにでも感染したのかな? ・・なんて、洒落にもなりませんね。

20171001_skyblue.jpg

スポンサーサイト

保育園の運動会

富来保育園の運動会を見に行きました。 
想像もしなかった保育園の運動会ですが、何年ぶりになるでしょうか。

富来地区で唯一の保育園の運動会ですが、園児の数は・・9月現在で99名だそうです。 西海風無地区でも数人ですから滅多に園児の姿を地区にいて見かけることはありません。 赤ちゃんの鳴き声や子供のはしゃぐ声なんて全くと云って良いほど聞いたことがありませんから・・。

そんな保育園の運動会ですが、会場は芝生が綺麗なホッケー場の一部をを借りての運動会です。 こんな時こそ、別居しているおじいさんやおばあさんにとっては可愛い孫を十分に見ることができるとあってたくさんのおじいさんおばあさんが見学に訪れていました。 9時の開会式から正午過ぎまでの3時間はあっという間に過ぎてしまったようです。

20170930_undoukai.jpg

デカァ~ッ !!

気にはしていたのですが、畑のナスビをみてきました。
ウワ~ッ、これは何だ!・・・ と云う位に大きく成長したナスビがたわわにぶら下がっていました。 
一週間以上もほったらかしにしていたんだもの、「重いよ~」と枝が悲鳴を上げていました。

雨の少なかった暑い夏の間はそれほど多くは生らなかったナスビでしたが、秋になって肥やしも効いてきたのか良く生るようになってきました。 でもさすがにこんなに多くなってしまえばただの化け物ナスビ、漬物にもならないしどうして食べようかなと悩んでしまいます。 バケツに2杯のでかいナスビを見て、妻からは思わずため息が漏れたようです。 

20170927_nasubi.jpg

畑にはまだ多くのナスビが生っているのですが、誰か貰ってくれる人はいませんか~っ!
ミニトマトも鈴なりに成っていましたが、採るのが面倒なのと小雨が当たってきたのを幸い(?)に帰ってきました。 

退院の日

今日も朝から良い天気になりました。 七尾湾にそそぐ御祓川の河口付近では、低い位置から輝く朝日もまぶしく、その上に水面は鏡のように波静かです。 「絶好の退院日和」と云う言葉があるとするならば、今日の日こそがその絶好の日和となりました。(写真クリック:3枚)

外科手術の経過も順調で、傷の痛みも全くないので一時退院することになりました。 午後からは主治医(先生)から、これまでの各種検査と病理検査(生検)の結果について詳しい説明がありました。 そして今後の治療方法とその内容についても詳しい話がありました。 

20170925_ship.jpg

主治医と相談した結果、今回はいったん退院することにし、治療入院については年を越さない事を念頭にし、10月に入ってからとしました。 ・・ということなので、今年の家庭菜園の作業は全てを中止することになります。 その間の雑草の生育がとても気になりますが仕方ないです・・ね。 

せめて柿の収穫ぐらいはしたいのですが、出来るかなぁ。 昨年は不作だった柿でしたが、今年の柿の出来栄えはかなり良いようなのでボチボチ・・・とね。 無理のないように!

寝落ち ??

毎日、楽しみにしてチェックしているブログがいくつかあるのですが、その一つのブログに最近気になる言葉が記事のタイトルでもある「寝落ちしました」という言葉です。

最初のうちは「寝過ごす」と云った類の意味なんだろうと思っていたものの、時々目にするのでググってみましたら、これが若者の間で自然に交わされている新語だと知りました。

寝落ち 読み方:ねおち
眠ってしまうことで活動が停止すること。特に、インターネットなどでコミュニケーションを取っているうちに、不本意に寝てしまうことでコミュニケーションが途切れることなどの意味の表現。

≪Weblio 辞書≫


ね‐おち【寝落ち】の意味
[名](スル)俗に、何かをしている途中で眠ってしまうこと。特に、チャットやオンラインゲームなどの最中に眠ってしまうこと。

≪goo辞書≫

ヘェ~、そうなんだ!

七尾湾の畔にて

20170922_window.jpg七尾南湾の畔(ほとり)に位置する病院の5階、窓外に見えるのは静かな海面に浮かぶ能登島です。
 
白い帆を広げて水面を滑るように進むヨットも遠くに見られます。
(写真クリック:3枚)

春の健康診断結果では、今回も基準値から外れた項目が数点ありました。 医療機関で再度検査を受けるようにとの事なので、2年前(大腸のポリープ)同様、七尾の病院で検査を受けました。 

再検査の結果は、異常値についてはそれほど深刻なものでなかったのですが、想像もしなかった診察結果を聞くことになりました。

腹部のリンパ節が少し腫れているとの診断を受けてしまいました。

8月3日の初診に始まり、いろんな検査の連続で一ヶ月半が経過してしまいました。 

そして、この19日に検査入院してから今日で四日目です。 「生検(せいけん)」のためにした手術の結果も順調なので週明けには退院できそうです。 何もすることもなく、ただベットで横たわっている生活では、却って病気になりそうです。 早く家に帰りた~い!

開通しました !

閉鎖された農道でしたが、一日で復旧(?)、夕方には開通しましたって、誰も通りませ~ん!
昨日は午後からそして今日は朝から丸一日かかって何とか軽トラが通れるようになりましたが、疲れた~っ! 本当に疲れた!

でも良く見ると道端には木チップがまだ残っています。 農道から低くなった所には大量の木チップがまだ残っているのですが、残った木チップの処理はもう少し先になりlそうです。 畑には木チップの絨毯が出来あがっていますが、これも耕運機をかけないと作業は終了とはなりません。(写真クリック:1枚)

明日の天気予報は「晴れ」、明日ももうひと踏ん張りかな・・。

20170914_chip.jpg

畑道を封鎖

20170913_chip.jpgバーク堆肥を10俵単位で投入していてもなかなか進まない赤土の畑の土壌改良なのですが、今回は木チップを投入して見ることにしました。

七尾市のリサイクル会社から4トン車で運搬してもらいました。 軽トラなら何でもない道でも、4トントラックとなると簡単な訳にはいきませんでした。 

昨日は一日雨だったので道は軟弱なうえに道幅もギリギリ、「大丈夫かな?」と思っている間もなく、タイヤが道を外してしまいました。(下手糞!) 頭から入ってくればいいのに・・。 結局、荷台に満載の木チップは道の途中で下すことになりました。 

高々と積まれた木チップは決して少なくはありません。 これを除けるのは大変、ネコ(一輪車)でコツコツと運ぶしかありませんね。

風は少しは涼しくはなったと云うものの、生憎今日は日差しもあって、とにかく暑い! 熱中症にだけは気をつけなくては・・。 3時ごろまでかかって、高く積まれた木チップの山は少しは低くなってところで今日の作業は終了です。 それにしてもこの写真、すごいピンボケ! (写真クリック:2枚)

センニンソウ(仙人草)

これまでも道端に咲いている草花などをブログネタとして書いていますが、「これまでブログに書いた花の名前、全部覚えている~?」というなんとも厳しい質問を身近の人(妻)から受けてしまいました。

「そんなもん、覚えとるやろ~っ!」といつもの通り強めの返答をしてみたものの、若干不安にもなって見直してみました。 結果は・・想像通りで、覚えていない花もありましたが、大体覚えていました。(ここでも強気の発言かよ!) やっぱり図鑑の受け売りは身に付かないものですね。(深く反省)

今回はセンニンソウ(仙人草)です。 大きな特徴は白い花びらが4枚の蔓性の草です。 4枚の花びらと書きましたが、実はこれは花びらではなくて萼片(がくへん)で花びらは無いそうです。
日本全国、日当たりのよい山野ではどこにでも見られる草だそうで、蔓性なので高い樹の上の方にも固まって見ることが出来ます。

20170910_sen-ninsou.jpg

別名は「馬食わず」で、有毒植物なので馬も食わないところからきています。 毒性が強いのでむやみに触ったりしない方が良いようです。 見た目は可愛い十文字の白い花(愕片)なのですが・・・。
(写真クリック:3枚)

全草が有毒で葉や茎の汁に触れると皮膚炎を惹き起し、誤って食べると胃腸炎や嘔吐などを惹き起し、多量に食べると生命の危険もあります。  民間で、葉を磨り潰して外用し、扁桃腺炎に効能があるとされていますが未確認です。 いずれにしても内用は危険な草ですので注意してください。



行方不明・・に !!

四日前に見つけた「新ミノムシ」、今度はしっかりと観察しようと思っていたのですが、なんと今日現場へ行ってみたら・・・見当たりません「新ミノムシ」の姿が! 私にとってはこれは一大事!

何とも不思議なミノムシの一生を観察しようと楽しみにしていたのに、「新ミノムシ」の発見からたかだか4日で見失ってしまうとは・・。 ここ3日間は秋雨前線の影響で雨が降り続いたのでウォーキングは出来ませんでした。 発見の翌日にはミノムシのぶら下がっている位置に変化が見られました。

その時の様子がこの写真で、前日の位置から移動して枝の先の方にいました。(写真:2枚) 白い 丸で囲まれたところが最初に見つけた時の位置で、翌日にはこんなに移動していました。

そして今日、いなくなってしまいました。 その場で5,6分程、周囲の小枝に移動しているだろうミノムシを探しましたが残念ながら、どの小枝にも葉っぱの陰にも見つかりませんでした。 こうして今年もチャッピーの観察日誌は不本意ながら完了することなく終わってしまいました・・。

     
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示