乗馬体験で怪我

今朝の新聞での記事です。 乗馬体験用の馬といえば、乗馬クラブのなかでも一番大人しくて物音にも驚かない優等生が選ばれるのですがそこは動物、なかなか人の思うようにはいかないものです。

”暴走した馬は休憩中で、ロープで木につながれていたが、枝が折れ・・云々”という記事なのですが、枝が折れていたと云う事は「枝に繋いでいた」ということなのでしょう。 400kg近くもある馬を枝に繋いでいたとなると不注意だったと言われても仕方ないでしょう。 

最近ではホースセラピーといって、乗馬を通じて障がい者の精神機能と運動機能を向上させ、社会復帰を早めるリハビリテーションの方法の一つとして取り入れられている施設も増えてきているようです。 確かに馬の大きな瞳には魅了されますし可愛く感じることも多いのですが、相手は大きな馬ですから犬や猫のような訳にはいきません。 複数人のスタッフでサポートしないと安心して乗馬体験は出来ません。

20171124_horse.jpg

今回は無事に乗馬体験のイベントが終わったことで、スタッフも安心してしまったのでしょうね。
ホースセラピーについてはホースセラピーネットのHPで・・。

今年もあと40日足らずになりましたが私の乗馬は今年も年間を通してのレッスンとはなりませんでした。

結局、9月の予約もキャンセルせざるを得なくなったので、今年の乗馬は8月1日が最終日となってしまいました。 一ヶ月ぶり

インストラクターが云っていた、「大体乗馬も150鞍が目安ですね・・」を目の前にして足踏み状態が続きます。 年明けには乗馬を再開できるのかも気になるところです。 あと1年間はレッスンに通いたいと思っているのですが・・。

スポンサーサイト

冬タイヤに交換

初雪が昨年よりも大幅に早かったからという訳ではないのですが、早々と冬タイヤに交換しました。
久しぶりの長距離(金沢までですが・・)ドライブで流石に疲労感が一杯です。 家に着くなりすぐに横になってしまいましたが、30分程も休むともう大丈夫、体力も少しは回復してきたように感じます。

国道や県道のあちこちでは融雪装置の調整をする作業も順次進められているようで、折角綺麗に洗車した車も水浸しになってしまいました。

20171121_studless.jpg

早い初雪

この冬一番の寒さとの予報どおり、今朝は寒くて布団からなかなか抜け出る事が出来ませんでした。
風もあってガラス戸を強い雨がたたきつける朝となり、雨に混ざって霰(あられ)も地面の上を飛びまわっていました。

金沢でも初雪を観測、山間部では除雪車が初出動のニュースもありました。 昨年よりも21日早く、平年よりは10日早い初雪となります。

志賀町の最高気温は5.4℃、最低気温は1.8℃と厳しい季節もこれからが本番です。 昨年は雪の少ない冬だったので助かりましたが、今年の冬は油断できないかも知れませんね。

あり得な~い !!

僕チャッピーです。 これ何に見えますか?  そうです、どう見ても箸でしかないですよね。

台所からおとうさんの声が・・「えっ、なんやこの俺の箸~っ」
それを受けて、おかあさんの返事が振るっていました。「うん、先っぽが折れたので長さを合わしたの~」
平然として答えたおかあさんの顔を見て、おとうさんは「はぁ・・?」

20171118_hashi.jpg

箸の先が折れたので長さを調整をするという発想自体が奇抜だと思いませんか。 
それも先端の形が何か変! 短くなった箸でも良いんですが、この箸では先端部でものを摘まむのは難しいんじゃないの。(写真クリック:拡大)

先端が尖がっているこの形はもしかしたら・・「鉛筆削り!」 あり得な~い !!!
≪チャッピー≫


干し柿

今年の柿は大豊作でまだ畑には半分近くの柿が鈴なりになっています。
私は入院中だったので、妻が一人で収穫した柿もほとんどを知人にあげたのですが、それでも軽トラの荷台には沢山の柿が残っています。 それに、今年の柿はすごく小粒なので皮むき作業も例年以上の時間がかかってしまいました。 皮むき作業は私の担当です。

干した柿は140個余りと例年に比べたら極端に少ないのですが、これもしようが無いですね。 我が家で消化する分としたら却って多いくらいです。 畑の柿はカラスに処理してもらう事になりそうです。

20171117_kaki.jpg

干してはみたものの、実はその出来栄えがどうなるのか少し不安があるのですが・・・。 
甘くなるのかそれとも甘みが無いままの干し柿になるのか、結果は3週間ほど待って報告しますね。

脱臭フィルターの交換

昨日はエアコンの前面のエアーフィルターの清掃をしたのですが、その際に「光触媒集塵・脱臭フィルター」なるものが破損しているのを発見しました。 この難しい名前のフィルターですが、エアコンの設置以来まだ一度も運転した事のない運転モード用のフィルターでした。 工事が終わりました

あらためて取説を読んでみると、いろんな事が出来るんだね~って知りました。 これまでは限られた「暖房・冷房・ドライ」の3機能しか使っていなかったという事ですね。

それだけでも十分な訳で特に不便は感じなかったので良いんですが・・。
このエアコンには空気清浄機能が付いていてストリーマ空気清浄運転(分かりませ~ん)をしたときに必要なフィルターなのだそうです。 

そして、最もショックだったのは、昨日までのアラームの原因が、エアコン前面のエアーフィルターの目詰まりでは無くて、この「光触媒集塵・脱臭フィルター」だったことでした。

20171116_filter.jpg

この、紙で出来たフィルターを昨日のうちに注文したのですが早くも翌日には届きました。 フィルターの交換周期は約3年となっているので、使っても使わなくっても交換時期になっていたと云う事でしょう。

こんなに小さいフィルターなのですが、別売品は価格も思いのほか高いものですね。 

エアコンのフィルター清掃

数日前から気になっていたのが居間用空調機のアラーム表示です。
そう云えばこの空調機に替えてからフィルターの手入れをしたのは何度あったかなぁ。 前回の清掃はいつだったか殆んど思い出せないくらい長い期間が過ぎているように思います。 

定期的にフィルター清掃すればよい事は百も承知なのですが、この 1回/年の清掃がなかなか出来なくて、アラームが出てから清掃するというのが一般的(?)な交換時期になっている家庭も多いのでは・・(失礼)

やっぱり! 空調機前面の蓋を開けてみるとこれはお見事。 目詰まりのひどい事。 ついでに台所の空調機もフィルターの清掃をしました。 「これで良し!」  アラームをリセットして・・と思ったら、そのリセットボタンが空調機に見つかりません。 それからが大変でした。 まずは取扱説明書(取説)探しから始まりましたが何処にしまったものか・・。

メーカーHPから取説をダウンロードして確認すると、なんとリセットボタンは本体ではなくてリモコンについていました。 

平熱は・・??

今朝の検温では、(私の)平熱に近くなり初めて36℃を切りました。 
そうです、私の平熱は35.5℃前後なのですが、この”平熱”と云うのが人それぞれ個人差があって、一元的に〇℃と決めつけられないのが少し厄介です。

あなたの平熱は何度ですか・・?
その体温って日本人の平均に比べて高いの? 低いの?

データは古いのですが・・・1957年に東京大学が調査をおこなった結果、10歳~55歳の健康な男女3,000人の平均体温は36.89度±0.34℃という結果でした。 えっ、私にとってはダメージが大きい37℃にもう少しという温度ではないですか。 この、36.89度±0.34℃が日本人の平均体温(平熱)とされている根拠のようです。

だから「微熱であれば、退院しても一向に構いませんよ!」という話が出てくるんですね。

数値で言うならば、36℃台なら「平熱」、37℃台は「微熱」、そして38℃台で「高熱」という基準になるようです。 したがって、「身体がだるい・熱っぽい」という感じる 36.5℃前後は「平熱」と区分されてしまうのですが、でも私にとっては辛いんです! 分かってもらえませんか・・。 
平熱だから大丈夫とは言えないんじゃない。 だって私の平熱よりも1℃以上も上がっているんだもん!

この平均体温も、最近では生活環境や習慣の変化に伴って下がってきているようで、高い人でも 36.2℃ほどで、35℃台の人も多くなってきているそうです。

第2クール終了

微熱が続いていたので退院を躊躇していたのですが、思い切ってきょう退院しました。
前日は台風並みに発達した日本海にあった低気圧も抜けたのですが、それでも天気の方は思ったほどには回復しなくて小雨の朝になりました。 それでも退院する11時頃には青空も少しは見られるようになりました。

10月30日に入院して受けていた2回目の治療ですが、体重の減少傾向は止まらずについに66kg台になってしまいました。 病院食が口に合わずに食べれなかった事を良く知っている看護師さんからは、「家で美味しいものを食べて元気になってね~」って・・んんん ??? 激励を受けてしまいました。

あとは月末に3回目の治療予定で、順調にいけば3回目のクール終了をもって一連の治療は完了です。

治療の時によく使われるこの「クール」って単語ですが、ドイツ語だったんですね。

クール 【ドイツ Kur】
〔治療の意〕
〘医〙 特定の治療の効果や副作用を見るために定めた期間。


私の場合は発見が早かったので治療も短期間で終われそうです。 化学療法を受けている同じフロア―の人たちの話を聞いていると私以外の人はほとんどが6クールの治療だそうですから大変ですね。 同室だったひとは8月の始めに入院して以来3ヶ月間、ほとんどが入院生活と云いますからね。 そんな事を思うと私なんかは本当にラッキーだったと思います。

文学碑前の紅葉

秋の紅葉の話題がTVの旅番組などで紹介されていますが、今年の紅葉旅行は断念することにして近くの紅葉を紹介します。 ここは風戸地区の外れで、富来漁港の坂を上がったところにある「加納作次郎文学碑」前の紅葉です。 この場所は良く通るので見飽きているのですが、紅葉が綺麗だと思って目を留めることはほとんどなかったと思います。 

今日ここを通った時は生憎カメラを持っていなかったので、一旦家に帰ってから改めてコンデジを持ち出したのですが、それほどまでに綺麗だと感じた事は初めての事でしょうね。 

急に寒くなった所為か、今年の紅葉は鮮やかなように思います。(写真クリック:3枚)

20171030_koyoh.jpg

     
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

※気象庁(国土交通省)

最近の記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示