ひょっこり温泉(つづき)

温泉の名前の由来が分かったひょっこり温泉ですが、温泉の駐車場の向こうは開始浴場になっていてたくさんの家族連れで賑わっていました。 遊泳区画を示すロープの外側には漁船が停泊していて船上には数人の人影も見られました。 最初は監視用の船なのかと思っていたのですが少し様子が違うようでただの監視船ではありませんでした。

時々漁船の周りでシュノーケルのようなものが水面に現れたり沈んだり、黒い三角形のものが見えたりします。 望遠カメラで見るとイルカのようです。(写真クリック:3枚)

監視員のおじさんに聞いたところ、野生のイルカで能登島周辺に14頭ほど住み着いていて島の周辺を回遊しているそうです。 イルカも人間に良くなついていて、イルカと一緒に泳げるそうです。 海面に見えたシュノーケルは、イルカと一緒に遊んでいた人のものだったんですね。

20170811_beach.jpg

能登島観光協会のHPでは、イルカウォッチングやイルカと遊ぶ体験が出来る企画が掲載されています。 近くでバンドウイルカが見れるのは楽しいですね。 水族館で見るイルカとは少し違った感動があることでしょう。 能登島観光協会のHPはコチラ・・

スポンサーサイト

ひょっこり温泉

和倉の足湯へ行くことがあってもなかなか能登島大橋を渡ることがないのですが、数年振り(多分)で能登島に渡りました。 10時ごろの時間帯なのですが、和倉温泉からの県外乗用車のほとんどが交差点を左折して能登島の方向へ向かうので七尾から来た車は信号では1台しか通過できません。

そして向かったのは日帰り温泉の「ひょっこり温泉 島の湯」です。
昼前と云うこともあってか入浴客は少なくて休憩室には数人の姿しか見られません。 随分前(開店して間もないころ)に来た時にはたくさんのお客さんで、廊下を通るのにも肩がぶつかるほどだった事を思えばものすごくゆったりとしていて、風呂を上がってからは広い休憩の間で昼寝までしてきました。

20170810_hyokori.jpg

ひょっこり温泉の名前の由来ですが、てっきり、「ひょっこりひょうたん島」からだと思っていました。
大昔のNHK人形劇の「ひょっこりひょうたん島」で、ドン・ガバチョやトラヒゲの名前を思い出す人も多いかと思います。 その舞台となったのが瓢箪のような島ですが、七尾湾にはそのような瓢箪のような島もあります。(写真2枚)

たまたま、温泉を上がって入口で気がついたのが暖簾の図柄を見た妻が、「ひよっ子からひょっこり温泉って名前なんかね?」という想像もしなかった言葉が飛び出てきました。 このマスコットのひよっ子の愛称が「ゆう」ちゃんというのは後で知りましたが、ひょっこり温泉と「ひよっ子のゆうちゃん」、まんざら関係ないこともないのかも知れませんね。

ひょっこり温泉のHPより・・

ひょっこり温泉は、平成11年11月に能登島町に噴出した温泉です。
能登島町の“ひょっこりのとじま”のキャッチフレーズにちなんで名づけられました。
泉温は71℃と高温で、毎分466リットル(動力)、日量671トンと湯量も豊富。身体にやさしい泉質の温泉です。


台風5号

迷走し続けた台風5号は上陸してからも迷走したようです。 昨晩の予報では、紀伊半島に上陸してからは長野方面へ進み東北に抜けるということでしたが、夜が明けてみると、”能登半島の海上をゆっくりとした速度で・・・”というニュースです。 えっ、いつの間に過ぎて行ったのって感じですね。 台風5号の経路

窓には風を避けてか雨を避けてか、カマキリの子供がへばり付いていました。

20170808_kamakiri.jpg

夢こまち

秋田県から届いた羽後町特産の小玉スイカ「夢こまち」です。 妻の同級生が毎年贈ってきてくれるスイカで楽しみにしています。 『今年の小玉スイカは自信がありませんが、ご賞味ください』とのメッセージが添えられていました。天候の関係で、とりわけ先週末からの豪雨の被害もあったのかもしれませんね。ともあれ、早速冷やしていただくことに。
妻と二人で「あまーい!おいしー!」。 やっぱり羽後町で作られた小玉スイカ「夢こまち」です。

小玉スイカは冷やすのにも、冷蔵庫に一個丸ごと入るのが良いですね。

20170730_suika.jpg

汐風ごぼう

能登の砂丘地で栽培されたアクが少なくてその上に柔らかくてサラダにもできるという「能登汐風ごぼう」を知っていますか。 数年前から、富来の名産として市場に出回るようになったゴボウです。

増穂ヶ浦海岸に沿った砂丘地は、かってはタバコの葉を栽培していたのですが、最近ではそのほとんどが転作しました。 転作した畑では葉タバコに替わってソバや大麦などが栽培されていましたが、2014年からはゴボウの栽培行われるようになりました。 砂丘地ということもあってか柔らかなゴボウが特徴なのと大きさも30cm程と小さめなのですが、買い物かごにすっぽりと納まる大きさが丁度良いと評判のようです。

富来地区の新しい特産品として好評で、県内外や関西方面への出荷に加えて、今年からは関東方面への販路拡大が期待されているようです。 スーパーなどで見かけましたら是非とも手にとって見て下さい。 

20170722_goboh.jpg

アズキ貝 ??

国道249号線沿いの割烹・満升での夕食会は、久しぶりに会う(・でもないか ??)遠来客との楽しい一時になりました。 今回は、事前にコース料理を注文しないで好きなものをその都度注文することとしました。

先付けに出されたのは小鉢に入った貝で、「バイ貝ではなくてアズキ貝ですよ。」と従業員からの説明があり、良く見るとなるほど、いつも食べている白っぽいバイ貝とは違って貝の表面に模様があります。

私にとっては(多分)はじめて口にする貝だと思います。(写真クリック:拡大)

20170715_azukigai.jpg

私たちが良く食べている寿司ネタや刺身用のバイ(貝)は、エッチュウバイカガバイなどのシロバイと呼ばれているそうです。 このアズキガイは石川県で呼ばれていて、少し高級感があるようです。

5時から始まった宴席は閉店時間近くまで、楽しい会話に食も進み美味しい料理をたくさんいただきました。
そのうえに、次回は秋頃に東海地方で逢うことまで約束してしまいましたが、どうなるかなぁ・・・。

ああそれと、写真の焼いた笹ガレイですがどうして裏返しにして出されているのでしょうね。 大抵はカレイの表が見えるように飾り付けてあるように思うのですが、ついついお店の人に聞くのを忘れていました。 
その訳をご存知の方・・教えてください。

一転、能登で豪雨

20170702_news.jpg空梅雨なんて事を云うから昨日の夜明け前から、バケツをひっくり返したような豪雨となり能登地方の各地で被害が出ているようです。

金沢地方気象台によると、七月の24時間雨量の最大値を更新した4地点のうち、志賀で159㎜、金沢では126.5㎜を記録。 宝達志水町と羽咋の雨量は、それぞれ190.5㎜、188.5㎜で、ともに過去の最大値を40㎜以上も上回った。(以上、中日新聞より)

ニュースで知った遠方にいる友人からは被害の状況を心配する電話もありましたが、西海地区はこれまでも風水害の被害が少ない所なので本当にありがたいですね。 七尾市や中能登町では避難勧告によって避難したとの報道もありました。 富来地区には富来川と酒見川の2本の河川がありますが、大きな被害が出ていないようなので一安心です。 (写真クリック:拡大)

暑い!

梅雨に入ったかと思ったら全く雨が降りません。 
早くも「空梅雨か?」の声も聞かれますがそんなもんじゃないでしょうね。

ミラ・イースの一ヶ月点検に行ってきましたが、とにかく暑い! 道路の温度表示盤は「28℃」、暑いうえに梅雨らしく蒸せるので堪りませんね。 でも、明日は雨の予報が出ているのですが、これも大きな雨は期待できそうもないようです。

森から出てきたトトロ

2日前に、チャッピーのワクチン注射に行って来た帰りに寄り道をしました。
目的地は押水バイパスから宝達山の登山道を進んだところで、古民家を利用した里山カフェです。

山間部を走っていて視界が開けたと思ったら、突然田んぼの中に大きな「トトロ」が登場しました。 
以前に新聞の報道でも紹介されていたトトロですが、すっかり忘れていたので驚きでした。

宝達志水町山崎地内で、稲の苗も青々としている田んぼの中に現れた大小3体のトトロですが、このトトロ今年で3年目になるようです。 今年のトトロは大きいのに加えてバージョンアップしているようで県道を走っていてもすぐ目につきます。(写真クリック:2枚)

お孫さんの喜ぶ顔が嬉しくて毎年作っているそうですが、年々製作が大掛かりになっているようですね。

20170624_totoro.jpg

アニメのことはよく知らないのですが、こんな大きな人形(?)を作るなんてすごいですね。 大きな丸太などを使って土台をくみ上げているようですが素人とは思えない出来栄えに感心するばかりです。 小さな子どもさんを連れてハイキングのつもりで出かけるの良いかもしれません。

イワシの団子

イワシがたくさん獲れたようで我が家にも新鮮なイワシが大集合です。 有難いですね~っ、玄関先までわざわざ持ってきてくれるんですからね。 勿論、ただ・・で!

一度にたくさんのイワシを頂いても一度に全部は食べられないし。 と云うことで、すり鉢とスリコギが居間に(エッ)登場で今日はイワシの団子を作ることにしました。 スリコギでイワシをペースト状にするのってかなり大変です。 子供の頃はミキサーという電動器具がなかったので、納豆汁を作るにも、フロフキ大根につける胡麻味噌を作るのもすり鉢とスリコギで・・。

これなら保存もきくので、いつでもだんご汁(つみれ)が食べれるので良いですね。
ミキサーがあるのに腕が痛くなるし疲れる昔ながらのすり鉢で作らなくても良いと思うのですが、「生臭くなるしその匂いがとれなくなるし・・」って、すり鉢担当は私の役目なのです。 力任せで一気に片付けましたが、腕が棒になってしまいました。

20170621_dango.jpg

     
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示