ばばかふぇ&報恩講

朝の10時近くになると、近所のおばあさん達が三三五五集まって来ました。 今回の「ばばかふぇ」は報恩講に併せて行う事になったようです。 報恩講は11時からなのでそれまでの間は、いつものように座ったままで出来る軽い体操や歌で楽しんでいました。(私は居間で孫守です) 大勢の人が集まっているのに新住職も驚きです。 「凄いね~っ、寺の報恩講よりも多いんじゃないの!」 

「正信偈」を皆で唱和したあとは法話ですが、残念ながら私は聞く事が出来ませんでした。 我が寺(菩提寺)の法話は面白くて、毎回法話を聞くのを楽しみにしているのですが・・。

20171222_babacafe.jpg

報恩講の後は皆で昼食です。 昼食については当初は弁当持ち込みOK、各々おにぎりを持ってきて一緒に食べようねって事になっていたのですが・・。 

サポーターの人たちの好意で、家で作ってきたちらし寿司やおはぎ時には赤飯までもが提供されるようになってからは、いつの間にか「おにぎり持参」は忘れてしまったようです。 呼ばれる(ご馳走になる)事が普通になってしまったようです。 

私も昼食にはサポーターさんの持って来てくれたご馳走のお相伴に預かると云う幸運にも恵まれる結果になっているのですが・・いつもありがとうございます(感謝)。

スポンサーサイト

そくさい会のクリスマス

今月の”西海風無そくさい会”はクリスマスの集いです。 毎月の集まりを楽しみにしているお婆さんたちもいて、マンネリ化を避けるためにスタッフの人たちの努力も大変なようです。 これまでのゲームやステージショーなどが中心だったクリスマス会を見直し、富来地頭町の聖霊教会の伝道師を招いてクリスマスのお話をして頂きました。

クリスマスは今や日本では年中行事として広く市民権を得ていて、宗教的な色合いは全く窺う事はありません。 それほどまでに大人も子供も楽しみにしている年末の行事ですが、クリスマスとかサンタクロースってどんな関係があるの? 綺麗に飾ったクリスマスツリーにはどんな意味があるの?

考えた事がありませんね。 
教会の伝道師という立場を少し離れて、「クリスマスって何?」というお話をして頂きました。

20171219_Xmas.jpg

七夕飾り

20170705_tanabata.jpg7月に入って初日に、台風3号が九州、四国、紀伊半島、東海沖という経路で足早に過ぎ去りました。 

大抵の場合は、翌日は台風一過の澄み切った青空になることが多いのですが、今回は梅雨前線の影響もあってスッキリと云う訳にはいかずに記録的な大雨になってしまいました。

(小学生の頃は、台風一過を「台風一家」だと思い込んでいた時期もありました)

昨日も一日中雨が降っていて七夕の飾り付けが出来ないのではと心配していたのですが、今朝からは雲が厚いものの雨の心配はなさそうです。

9時過ぎころからは近所のおばあさん達が集まってきました。 「ばばかふぇ」での七夕飾りに集まってきました。ばばかふぇ・・って!?

短冊にそれぞれ思い思いの願い事を書きこむことも楽しみのようで、お茶を飲みながら、世間話をしながらの作業は2時間ほどで完了です。

その頃には暑い雲の間からは薄日も射すようになってきて、飾り付け作業です。 素晴らしい七夕飾りが完成しました。(写真クリック:2枚)

朝早くに準備した竹に飾り付けをした後は、皆が楽しみにしている食事タイムです。

原則、各人がおにぎりなどを持ってきて食べることになってはいるのですが、最近は「ばばかふぇ」の世話をしてくれているサポーターさん達が作ってきてくれる御馳走を頂く事が普通になってきているようです。 料理を作ることが好きとは言え、毎回違ったごちそうを作ってきてくれるのには頭が下がりますね。

報恩講 & ばばかふぇ

朝から慌ただしく動き回っているのには訳があって、今日は自宅で「報恩講」をする事になっているのですが、ボランティアで時々開催している「ばばかふぇ」も同時に開催するようです。 今回は近所のお婆さん達だけに声をかけた限定版なので、いつも一緒にお世話をしているスタッフの人達はいないようで準備が大変のようです。 過去記事:「ばばかふぇ」・・って!?

我が家の報恩講にこれだけ多くの人達が集まったのは何年振りになるでしょうか。 お寺の住職さんも、玄関に入ったら大勢の履物が並んでいたので、「法事と間違えるくらいやねぇ」と驚いていました。

報恩講の後は昼食をはさんで、ワイワイガヤガヤ! 14時頃までお婆さん達の井戸端会議は続きましたが、帰りはみんな笑顔で、「又ね~っ」。 ストレス解消になったでしょうか?

20161223_ho-onko.jpg

能登地方ではお寺の住職の事を ”ゴエンジョさん” と呼んでいるのですが、前々からこのゴエンジョってどんな字を当てるのか、語源が何処から来ているのか分かりませんでしたが、今日初めてその内容を知りました。(もしかしたら、知らなかったのは私だけ・・?)

語源は、一つの寺院を管理・所轄するご主人という意味合いの”院主”からきていて、それに尊敬の意を表す”御”をつけて"御院主(ごいんじゅ)”と呼ぶようですが、その呼び名が訛った結果だそうです。

”ゴインジュ” が ”ゴエンジュ” になり、”ゴエンジョ” となり、最終的には末尾に更に尊称の”さん”が丁寧にも追加されたようです。 最初にも最後にも尊称を頂く”ゴエンジョさん”、これ以上の尊称は無い・・・?

七夕飾り

20160706_tanabata.jpgここ数日は梅雨らしい日が続いているのですが、先日(7/4)の「ばばかふぇ」では七夕の飾りをみんなで作りました。

前日に竹の準備もできていたので飾り付けもしてしまう予定でしたが雨の為に出来ませんでした。
今朝も厚い曇が低く垂れこめていたのですが、雨を心配しながらも飾り付けをしました。

今年も色とりどりの短冊に書かれた、思い思いのお願いが竹に飾られました。(写真クリック)

”足の痛いのが治りますように、家族皆が元気で仲良く過ごせますように、ボケませんように、いつまでも命を大切に健康でいられますように”・・等々、皆さんのお願いすることはどれも同じようですね。

短冊に書かれた皆さんのささやかなお願い事が、皆叶いますように・・・。

ひな祭り

20160303_hina.jpg僕、チャッピーです。

今日と明日は「ばばかふぇ」の日で、三月はひな祭りです。 朝早くからおかあさんとスタッフの人達が集まって賑やかです。

あかりをつけましょ ぼんぼりに
 お花をあげましょ 桃の花
 五人ばやしの 笛太鼓
 今日はたのしい ひなまつり~♪

今年も、ご近所の人がぼた餅をたくさん作って差し入れしてくれました。

また、スタッフの人達がお寿司やおにぎり、お漬物やお餅、煎餅の類(たぐい)まで持ち寄って来てくれるので、お昼の時間になっても自宅へ帰る人は殆んどいません。(写真クリック

天気の方も回復して午後からは陽も射してきて、ストーブをつけていると暑い位の陽気になってきました。 3時頃まで、おばあさんたちの話し声や歌声が聞こえていました。 いつもは昼寝をするのが習慣になっている僕も、そのタイミングを失ってしまいました。

また、玄関には個人で作ったお雛さまも飾られました。 お雛様の作品はコチラです。
《チャッピー》

お雛さま

僕チャッピーです。 
僕の投稿が続きますが今日はお雛様のお話です。

この一週間ほどは寒暖の差があって、今日は暖かいかと思えば次の日は寒く・・と、僕のような老犬には厳しい毎日です。 でもこの寒暖の繰り返しは春が近いという事を感じさせます。

そして今日は割合に暖かいということで、おかあさんは朝から大きな箱を持ち出して床の間にお雛さまを飾る準備をしていました。
僕の散歩は・・・どうなったのかなぁ。

ひな壇を組み立てて赤い毛氈を敷いて、お人形を一つづつ箱から出して飾るのって大変ですね。 僕からしたら、並べる順番ってあるんでしょうが良く覚えていると感心します。 感心するほどの事でもないのかなぁ。

毎月一回、部屋を開放して「ばばかふぇ」と云う集まりがあるのですが、3月の「ばばかふぇ」はひな祭りだそうです。 折角飾ったお雛さまなので、たくさんの人に見て欲しいですね。 「いつでも寄ってください、お待ちしてま~す!」は、おかあさんからの伝言です。(写真クリック
《チャッピー》


寅さんの上映会

春一番が14日に吹き全国的に暑い一日でしたが、一転して昨日からは冬に再び逆戻りをしてしまいました。 気温も低くて氷点下の朝です。 僕、チャッピーです。

おかあさんは昨日から忙しく動き回っていましたが、「そくさい会」で映画の上映会があるようで今朝も朝早く出掛けました。 映画はお年寄りにも人気のある「寅さんシリーズ」だと云うことですが、こんな天気の悪い日に皆さん集まってくるのかと心配しながら、準備したお菓子やお茶を持っていきました。

20160216_snow.jpg

おとうさんも少し遅れてから、スクリーンなどを準備するお手伝いで出掛けましたが、その頃になると吹雪くように降っていた雪も止んで青空も顔を出してきました。 上映する担当者の到着が遅くて、おかあさんもおとうさんもかなりヤキモキしたようです。 担当技術者(?)は石川県の福祉関係の部門から派遣された人らしいのですが、この人もかなりの年配者で驚きでした。

観る人も上映する人も後期高齢者で、会場は和やかな映画鑑賞会になったことでしょうか? おとうさんはすぐに帰って来たので分からないと言っていました・・・。(写真クリック
《チャッピー》

X'mas Party !

少し早めのクリスマス会が西海公民館で開催されました。 自宅へ引きこもりがちになる高齢者の交流する機会を少しでも設けて、「元気に明るく暮らせたら良いね・・」と、昨年から始めた『西海風無そくさい会』が計画した月一回の交流会で、12月はクリスマス会となりました。

サポータースタッフ(世話人)5名による準備の方も大変だったようですが、38名もの人が参加したのでその苦労も報われたと云うものでしょうね。 会場全体が喜びと楽しさで溢れていました。



今回のメインは歌謡ショーで地元では超(?)有名な中棚さんの登場となりました。

もう数十年も前の話でもう忘れかけている人もいるかもしれませんが、NHKの長寿番組「のど自慢大会」ではグランドチャンピオンになった経歴の持ち主です。 でもアルコールがでない場所で中棚さんの歌を聞く事って滅多に(ほとんど)ないので、今日は楽しみにしている人達も多いと聞いていました。

そういう私も、薄暗くて賑やかな場所以外では聞いたことが無くて、そんな時でも殆んど真剣に聞いていないんですが・・・。 今日はじっくりと「西海の五〇ひ〇し」中棚さんの素晴らしい美声が聞けて満足な一時(ひととき)を過ごしました。

参加者のなかでも有志による俄か仕立ての踊りも披露され会場からは大きな拍手喝采を浴びていました。
食事(弁当)を挟んでからはゲームや抽選会も行われ、楽しいクリスマス会だったようでした。
クリスマス会の様子は・・(※写真クリック

七夕飾り

今回が2回目の「ばばかふぇ」ですが、時間前から近所のおばあさん達の声が聞こえます。 また、「都合が悪くなったので来れないが・・」と云って、朝早くから作ったのでしょう、「ぼた餅」の差し入れもありました。(※写真クリック

雨こそ降ってはいませんが、梅雨空で今にも雨粒が落ちてきそうです。 そんな中、明日からはもう7月ということもあり、今日はみんなで七夕飾りを作りました。

全員が口を揃えて・・「七夕を飾るって永いことしたことないけど、懐かしいねぇ。 何年ぶりやろ。」 作ることもそうですが、小さい子供たちが少なくなったこの頃では、七夕飾りを見る事さえもなくなりました。 短冊にはそれぞれの願い事や目標などを書いて貰いました。 

”家族が仲良く健康で有りますように”、”じいちゃんの足が良くなりますように”、”20才位のように元気な足になりますように”、”〇〇〇志望校に合格しますように”・・・等々、家族や孫を思うおばあちゃんの言葉が書かれた色とりどりの短冊が飾られました。

     
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

※気象庁(国土交通省)

最近の記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示