FC2ブログ

ひな祭り

20190301_hina.jpg3月は「ばばかふぇ」のひな祭りで始まりました。

今日も20名ほどのおばあさん達が集まって、何時ものように楽しい話に大きな笑い声が部屋に溢れます。

もちろん私は居間にパソコンと睨めっこです。 今日は気温もそこそこで、暖房器具がなくても寒さを感じることはない様です。 それでもホットカーペットには電気が通っていますが・・。

昼食は・・夕べから仕込みで忙しく動き回っていたようでしたがちらし寿司が小皿に載って登場しました。
澄まし汁に加えて、お孫さんの卒業祝いにと作った赤飯の差し入れもあって食べきれませんね。 

スポンサーサイト

のぞみの里で

20181224_nozomi.jpg忙しい日々が続いているようで、本当にお疲れ様です。

鹿頭地区のグループホーム「のぞみの里」のお年寄りにもクリスマスを楽しんで貰おうとの企画で依頼されて出かけました。

私の方はと云うと、先日のミニコンサートで撮った動画の処理で思いの外、これでも忙しいんですよ。

デジカメで撮影した動画ですが、ビデオカメラとは比較にならないとは思いますが、それでもまあまあのようです。 ところが動画処理(DVD作成)しようと思ったのですが、以前使っていたソフトは古くて使えないようだし、かと言って新しいソフトを買うには活用頻度は極めて低いしと悩んだ結果、「Videopad」の無料版を使う事にしました。 昨日一日はそのソフトの操作方法で苦労してなんとかDVDを作成したのですが、私にはいまいち納得できないものが・・・。

そんな折、届いたメルマガを見ると、これまで使っていた動画ソフトが年末の特別割引きで格安販売だとか。
この「特別」とか「格安」と云う言葉には弱いんですよね。 ついつい買ってしまいました。 
今後、なんかい使う機会があるのか、はっきり言って分かりません!

ばばかふぇ

20181223_cafe.jpg我が家の報恩講に併せて、今回の「ばばかふぇ」にもたくさんの高齢者が開始時間前から集まってきました。

歳末になればどこの家庭でも「報恩講」が行われるのですが、かっては近所のおばあさん達も誘いあってお参りするのが普通でした。 

でも、最近では大抵がその家庭の人だけでもうす(催す)のが一般的で、これだけたくさんのお年寄りが集まるのは大変珍しい事です。 「ばばかふぇ」と云う名を借りて、高齢者の井戸端会議に集まってくると云う意味合いもありますが、何よりもお寺さんの法話を聞くのを楽しみにしていることを忘れてはいけないと思います。

法話の内容は他のお寺さんとは違って、難しい宗教の教義やお釈迦様の話と云ったものではないのが良いのだと思います、 身近な話や出来事、私が知らない著者が書いた本の内容についてといった話なので興味が湧くという事もあるのでしょうね。 きょうの法話も、某漫画家が書いた漫画について深く感銘を受けたという話を聞いていて、私も同じように思えました。 こんな内容の法話を聞くのを楽しみに集まってきたおばあさん達も、報恩講が終わればいつもの通り、法話の内容も忘れておしゃべりをして楽しみました。

また来年ね~っ! (写真クリック2枚:法話の様子です)

一足早く… X'mas

先週から今週にかけてはいろんな行事が目白押しなのですが、特に土・日は行事や催物が満載です。 
「風無そくさい会」の12月行事はクリスマス会ですが、今回は千浦・久喜地区からも参加して和気あいあいの楽しいクリスマス会となりました。 座ったままでできる軽い運動で体を温めた後はお茶タイムです。

今回のステージは新しい趣向として「マジック&ミニコンサート」を企画したようです。 
マジックショーは地元(富来)の有志によって、とても素人っぽくネタが見え見えだったのが却って人気があったようで、お婆さんたちの大きな笑いの渦が会場一杯に広がっていました。

ミニコンサート(ちょっと大袈裟…)、こちらもにわか仕立てのメンバーで構成されたにしては、まあ良かったのではないかな。 もっとも、ユニットが歌う曲数が2,3曲と少ないものの、その分、クリスマス・ソングをみんなで歌うという狙いが良かったのだと思います。 

20181218_xmas.jpg

七夕飾り

今月の「ばばかふぇ」はみんなで七夕飾りを作りました。
天気予報では8時ころから小雨が降ると云うので、朝早くから七夕の短冊などを飾り付ける竹を採りに行ってきました。 

9時半ごろからサポートのスタッフが集まってきましたが、それぞれが手に手に、思い思いの料理を持ち寄っての集合は段々とエスカレートするようです。 最初の内はおにぎりと漬物程度だったのが、今ではちょっとした宴会料理の態になりそうですが、このままで良いのかやりすぎ(サービス過多)ではないのかと思うのですが・・。 サポーターの負担になっていないのか気になるところです。

20190704_tanabata.jpg

参加者の全員が書いた短冊には、それぞれ自分の健康はもとより、家族やお孫さん(ひ孫)達の健康をお願いする言葉が多くあったようです。 小雨も止んだころを見計らって出来上がった七夕飾りと一緒に全員での写真も撮りました。

今日の「ばばかふぇ」には宝達志水町の社会福祉協議会からの視察もありました。 たくさんの人が参加しているのには大変驚いたようで視察の状況については帰ってからの報告にとても参考になったと喜んで帰られました。

ばばかふぇ交流会

20180313_baba cafe私の家の一室を開放して毎月行われている「ばばかふぇ」ですが、今月は特別に2回目が開かれました。 

今回は七海しつみ地区と生神うるかみ地区から2団体の「そくさい会」が参加しての交流会形式での開催となりました。

今回は初めての交流会ということもあって正午までの2時間と限られた時間でしたが、幼馴染みの人や久しぶりに顔を合わせて懐かしく話をする人もいて盛況のうちに2時間は過ぎてしまったようです。

ばばかふぇ&報恩講

朝の10時近くになると、近所のおばあさん達が三三五五集まって来ました。 今回の「ばばかふぇ」は報恩講に併せて行う事になったようです。 報恩講は11時からなのでそれまでの間は、いつものように座ったままで出来る軽い体操や歌で楽しんでいました。(私は居間で孫守です) 大勢の人が集まっているのに新住職も驚きです。 「凄いね~っ、寺の報恩講よりも多いんじゃないの!」 

「正信偈」を皆で唱和したあとは法話ですが、残念ながら私は聞く事が出来ませんでした。 我が寺(菩提寺)の法話は面白くて、毎回法話を聞くのを楽しみにしているのですが・・。

20171222_babacafe.jpg

報恩講の後は皆で昼食です。 昼食については当初は弁当持ち込みOK、各々おにぎりを持ってきて一緒に食べようねって事になっていたのですが・・。 

サポーターの人たちの好意で、家で作ってきたちらし寿司やおはぎ時には赤飯までもが提供されるようになってからは、いつの間にか「おにぎり持参」は忘れてしまったようです。 呼ばれる(ご馳走になる)事が普通になってしまったようです。 

私も昼食にはサポーターさんの持って来てくれたご馳走のお相伴に預かると云う幸運にも恵まれる結果になっているのですが・・いつもありがとうございます(感謝)。

そくさい会のクリスマス

今月の”西海風無そくさい会”はクリスマスの集いです。 毎月の集まりを楽しみにしているお婆さんたちもいて、マンネリ化を避けるためにスタッフの人たちの努力も大変なようです。 これまでのゲームやステージショーなどが中心だったクリスマス会を見直し、富来地頭町の聖霊教会の伝道師を招いてクリスマスのお話をして頂きました。

クリスマスは今や日本では年中行事として広く市民権を得ていて、宗教的な色合いは全く窺う事はありません。 それほどまでに大人も子供も楽しみにしている年末の行事ですが、クリスマスとかサンタクロースってどんな関係があるの? 綺麗に飾ったクリスマスツリーにはどんな意味があるの?

考えた事がありませんね。 
教会の伝道師という立場を少し離れて、「クリスマスって何?」というお話をして頂きました。

20171219_Xmas.jpg

七夕飾り

20170705_tanabata.jpg7月に入って初日に、台風3号が九州、四国、紀伊半島、東海沖という経路で足早に過ぎ去りました。 

大抵の場合は、翌日は台風一過の澄み切った青空になることが多いのですが、今回は梅雨前線の影響もあってスッキリと云う訳にはいかずに記録的な大雨になってしまいました。

(小学生の頃は、台風一過を「台風一家」だと思い込んでいた時期もありました)

昨日も一日中雨が降っていて七夕の飾り付けが出来ないのではと心配していたのですが、今朝からは雲が厚いものの雨の心配はなさそうです。

9時過ぎころからは近所のおばあさん達が集まってきました。 「ばばかふぇ」での七夕飾りに集まってきました。ばばかふぇ・・って!?

短冊にそれぞれ思い思いの願い事を書きこむことも楽しみのようで、お茶を飲みながら、世間話をしながらの作業は2時間ほどで完了です。

その頃には暑い雲の間からは薄日も射すようになってきて、飾り付け作業です。 素晴らしい七夕飾りが完成しました。(写真クリック:2枚)

朝早くに準備した竹に飾り付けをした後は、皆が楽しみにしている食事タイムです。

原則、各人がおにぎりなどを持ってきて食べることになってはいるのですが、最近は「ばばかふぇ」の世話をしてくれているサポーターさん達が作ってきてくれる御馳走を頂く事が普通になってきているようです。 料理を作ることが好きとは言え、毎回違ったごちそうを作ってきてくれるのには頭が下がりますね。

報恩講 & ばばかふぇ

朝から慌ただしく動き回っているのには訳があって、今日は自宅で「報恩講」をする事になっているのですが、ボランティアで時々開催している「ばばかふぇ」も同時に開催するようです。 今回は近所のお婆さん達だけに声をかけた限定版なので、いつも一緒にお世話をしているスタッフの人達はいないようで準備が大変のようです。 過去記事:「ばばかふぇ」・・って!?

我が家の報恩講にこれだけ多くの人達が集まったのは何年振りになるでしょうか。 お寺の住職さんも、玄関に入ったら大勢の履物が並んでいたので、「法事と間違えるくらいやねぇ」と驚いていました。

報恩講の後は昼食をはさんで、ワイワイガヤガヤ! 14時頃までお婆さん達の井戸端会議は続きましたが、帰りはみんな笑顔で、「又ね~っ」。 ストレス解消になったでしょうか?

20161223_ho-onko.jpg

能登地方ではお寺の住職の事を ”ゴエンジョさん” と呼んでいるのですが、前々からこのゴエンジョってどんな字を当てるのか、語源が何処から来ているのか分かりませんでしたが、今日初めてその内容を知りました。(もしかしたら、知らなかったのは私だけ・・?)

語源は、一つの寺院を管理・所轄するご主人という意味合いの”院主”からきていて、それに尊敬の意を表す”御”をつけて"御院主(ごいんじゅ)”と呼ぶようですが、その呼び名が訛った結果だそうです。

”ゴインジュ” が ”ゴエンジュ” になり、”ゴエンジョ” となり、最終的には末尾に更に尊称の”さん”が丁寧にも追加されたようです。 最初にも最後にも尊称を頂く”ゴエンジョさん”、これ以上の尊称は無い・・・?

     
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー

愛犬のチャッピー君
(2000/08/13~2018/03/04)
性  別:男性

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報
最近の記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示