12ヶ月点検…e:s !!

ミラ・イースの12ヶ月点検を受けました。 走行キロは、1万キロ/年間は多いのか少ないのか・・。
購入時の決め手は何と言っても「燃費の良さ」でしたが、その数値だけを鵜呑みにする訳にはいかないのは誰でも経験済みですね。 それでも燃費を気にしながら車種選びをするのも事実ですが、丁度一年を迎えた我がセカンドカーの燃費は実際にはどうなのでしょうか?

燃費測定の基準となるJC08モード(かつては10モード燃費とかありましたが、それとは違うようです)では、ミライースは「32.2 km/L」、でも実際にはどのくらいなのかというと一年間を通じての燃費はなんとなんと、「22.6km/L」です。 えっ、10kmも違うじゃないって思ってしまうんですがこれでもまだ良い方なんだって・・。

メーカー別車種別の燃費などを比較しているサイト「e燃費のHP」によれば、「21 km/L」代だと云いますから、まあまあ合格点と言えるでしょう。 写真はミライースとは関係ありませんが、ダイハツのコペンという名のオープンカー(軽)のミニチュアです。 頂きました。(写真クリック)

20180512_copan.jpg

ああ、そんな事は良いとして今日のメインテーマを忘れるところでした。
買ってから3ヶ月を過ぎた頃だったでしょうか。 私達は気にもしなかったのですが、初めてミライースに乗った若い者から云われました。

「ハンドルを一杯切って前へ出ると変な音がしますよ」 確かにギイギイという金属が擦れるような音!
「4WDだからミッションの音じゃないの」、「軽自動車だからじゃない」 と、いい加減な答え。

・・で、今回の点検のときにディーラーに話をしました。 
勿論、私は気にしてないんだけど・・と付け加えて(必要ないか)。

「右でも左でも、ハンドルを切ると異音がするんだけど・・」

部品を取り寄せて交換することになり、今日がその交換日でした。 
原因はショックアブソーバ上部のカバーが擦れているそうですが、原因を聞いても私には分かりません。
もちろん今回は無償による交換でしたが、ショックアブソーバーって定期的に交換すべき部品なんだということも知りました。 交換の目安は10万kmを超えた頃で、走行距離が年間で10000kmだとすれば約10年が交換時期になります。  今日の記事は思いのほか長くなってしまいました。

スポンサーサイト

配水管のダメージ !!

水道管の破裂による断水は能登全体に及んだようで、今朝の北陸中日新聞はトップニュースでした。
長期に低温状態が続いたために老朽化した配水管に大きなダメージを当てたようで、羽咋以北の市町村では断水の被害は7,000世帯を超えたそうです。 (写真クリック:断水世帯分布)

20180130_dansui.jpg
新聞によると・・富来地区では配水池の水位通常の30%程に低下、その為に一時、全域の3000世帯で断水を含めて水が出にくい状態が続いたようです。 断水は徐々に回復に向かってはいるものの、西浦地区と稗造地区では現在も一部だんすいが続いているようです。

寒波の影響

冬日が続いている志賀町ですが、思わぬところで寒波が猛威を振るっています。 
昨日の夕方ごろからの防災無線放送は「水道管の破裂に注意してください」と云う程度の注意喚起の放送だったのですが、今朝の放送ではその内容に変化があるようです。

いつもは7時ごろの放送が今朝は6時から放送がありました。 その内容は「今回の寒波の影響で、凍結による水道管の漏水が多発しています。 各家庭での漏水がないか至急確認してください。・・」と、各自で水道管の破裂による漏水がないかどうかを確認するよう指示する内容に替わっていました。

水道を使っていない状態でメーターがクルクルと回っているようなら間違いなく漏水しています。 このパイロットと呼ばれるものはかなり早く回転するので、わずかな漏水でも分かります。(写真クリックで拡大)

20180129_meter.jpg

そして、18:30 過ぎに届いた行政情報(メール)では・・【給水車による臨時給水状況】の情報が。 

西浦コミュニティセンター 21時まで
西海高齢者活性化センター 21時まで
稗造スポーツセンター 19時まで
酒見構造改善センター 19時まで

幸いにも我が家の漏水はないのですが、思いのほか西海でも大規模な被害が出ているようです。 富来病院でも断水しているとか聞くと非常事態ですね。 現在、回復の目途が立っていないと云いますから深刻です。

切手シール

20180116_stamp.jpg今年の運勢は・・?

例年楽しみにしているお年玉付き年賀はがきの当選番号が発表されました。 今年は3等の「お年玉切手シート」が2枚で、早速交換にいてきました。(写真クリック:拡大)

郵便局のHPによると、切手シートは100本に2枚の当たり率になるそうなので若干、分が悪いかも・・ね。

それでも当たったのだから喜ばなくちゃ。


餅つき機

松の内,も終わったところに登場したのは、タイガーの餅つき機「力じまん」です。

どうして今頃になって? と、思うかもしれませんが以前から欲しかったのです。 図体は少し大きめの2升用、図体が大きいだけに重量も思いのほか重い! これでいつでも食べたい時に餅が食べれるぞ。 ・・とは言っても、そうそう活躍する事もないだろうと云う事は分かっているのですが、遂に買ってしまいました。

20180109_mochi.jpg

第3クール終了

先月の末(28日)から入院治療をしていたのですが、本日退院しました。
これで入院治療の3クールは全て完了という事ですが、今後は2カ月ごとに日帰りでの化学療法が6回行われる予定です。 この2カ月毎というのが、私にとっては何とも中途半端なサイクルのように思われます。

退院後は仕事も、生活も何ら影響なく普通の生活が送れますとはいっても、点滴の後は免疫力が低下するので最低でも3週間は感染症に注意しなければ・・・となれば、全く普通の生活ではないじゃない!
「だって、病気なんだもの仕方ないでしょう!」・・はい、その通りです。

今回は一週間で退院できましたがやはりこれまでの2回同様に、”熱と、喉からみぞおちにかけての痛み”の副作用に苦しみました。 それと、病院食が喉を通らない事も加わりました。 胸が悪くなる副作用と云えばそうなのですが、そればかりではないでしょう。 

最後の3日間は三食ともお椀の蓋を開けずに「返品」処理でした。 コンビニのパンと牛乳の生活にも飽きてしまいこの3日間は拒食症の状態でした。 続かないものですね。

家に帰ってきてからは量は減ったものの食欲旺盛で良かった・・。

脱臭フィルターの交換

昨日はエアコンの前面のエアーフィルターの清掃をしたのですが、その際に「光触媒集塵・脱臭フィルター」なるものが破損しているのを発見しました。 この難しい名前のフィルターですが、エアコンの設置以来まだ一度も運転した事のない運転モード用のフィルターでした。 工事が終わりました

あらためて取説を読んでみると、いろんな事が出来るんだね~って知りました。 これまでは限られた「暖房・冷房・ドライ」の3機能しか使っていなかったという事ですね。

それだけでも十分な訳で特に不便は感じなかったので良いんですが・・。
このエアコンには空気清浄機能が付いていてストリーマ空気清浄運転(分かりませ~ん)をしたときに必要なフィルターなのだそうです。 

そして、最もショックだったのは、昨日までのアラームの原因が、エアコン前面のエアーフィルターの目詰まりでは無くて、この「光触媒集塵・脱臭フィルター」だったことでした。

20171116_filter.jpg

この、紙で出来たフィルターを昨日のうちに注文したのですが早くも翌日には届きました。 フィルターの交換周期は約3年となっているので、使っても使わなくっても交換時期になっていたと云う事でしょう。

こんなに小さいフィルターなのですが、別売品は価格も思いのほか高いものですね。 

エアコンのフィルター清掃

数日前から気になっていたのが居間用空調機のアラーム表示です。
そう云えばこの空調機に替えてからフィルターの手入れをしたのは何度あったかなぁ。 前回の清掃はいつだったか殆んど思い出せないくらい長い期間が過ぎているように思います。 

定期的にフィルター清掃すればよい事は百も承知なのですが、この 1回/年の清掃がなかなか出来なくて、アラームが出てから清掃するというのが一般的(?)な交換時期になっている家庭も多いのでは・・(失礼)

やっぱり! 空調機前面の蓋を開けてみるとこれはお見事。 目詰まりのひどい事。 ついでに台所の空調機もフィルターの清掃をしました。 「これで良し!」  アラームをリセットして・・と思ったら、そのリセットボタンが空調機に見つかりません。 それからが大変でした。 まずは取扱説明書(取説)探しから始まりましたが何処にしまったものか・・。

メーカーHPから取説をダウンロードして確認すると、なんとリセットボタンは本体ではなくてリモコンについていました。 

平熱は・・??

今朝の検温では、(私の)平熱に近くなり初めて36℃を切りました。 
そうです、私の平熱は35.5℃前後なのですが、この”平熱”と云うのが人それぞれ個人差があって、一元的に〇℃と決めつけられないのが少し厄介です。

あなたの平熱は何度ですか・・?
その体温って日本人の平均に比べて高いの? 低いの?

データは古いのですが・・・1957年に東京大学が調査をおこなった結果、10歳~55歳の健康な男女3,000人の平均体温は36.89度±0.34℃という結果でした。 えっ、私にとってはダメージが大きい37℃にもう少しという温度ではないですか。 この、36.89度±0.34℃が日本人の平均体温(平熱)とされている根拠のようです。

だから「微熱であれば、退院しても一向に構いませんよ!」という話が出てくるんですね。

数値で言うならば、36℃台なら「平熱」、37℃台は「微熱」、そして38℃台で「高熱」という基準になるようです。 したがって、「身体がだるい・熱っぽい」という感じる 36.5℃前後は「平熱」と区分されてしまうのですが、でも私にとっては辛いんです! 分かってもらえませんか・・。 
平熱だから大丈夫とは言えないんじゃない。 だって私の平熱よりも1℃以上も上がっているんだもん!

この平均体温も、最近では生活環境や習慣の変化に伴って下がってきているようで、高い人でも 36.2℃ほどで、35℃台の人も多くなってきているそうです。

第2クール終了

微熱が続いていたので退院を躊躇していたのですが、思い切ってきょう退院しました。
前日は台風並みに発達した日本海にあった低気圧も抜けたのですが、それでも天気の方は思ったほどには回復しなくて小雨の朝になりました。 それでも退院する11時頃には青空も少しは見られるようになりました。

10月30日に入院して受けていた2回目の治療ですが、体重の減少傾向は止まらずについに66kg台になってしまいました。 病院食が口に合わずに食べれなかった事を良く知っている看護師さんからは、「家で美味しいものを食べて元気になってね~」って・・んんん ??? 激励を受けてしまいました。

あとは月末に3回目の治療予定で、順調にいけば3回目のクール終了をもって一連の治療は完了です。

治療の時によく使われるこの「クール」って単語ですが、ドイツ語だったんですね。

クール 【ドイツ Kur】
〔治療の意〕
〘医〙 特定の治療の効果や副作用を見るために定めた期間。


私の場合は発見が早かったので治療も短期間で終われそうです。 化学療法を受けている同じフロア―の人たちの話を聞いていると私以外の人はほとんどが6クールの治療だそうですから大変ですね。 同室だったひとは8月の始めに入院して以来3ヶ月間、ほとんどが入院生活と云いますからね。 そんな事を思うと私なんかは本当にラッキーだったと思います。

     
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー

愛犬のチャッピー君
(2000/08/13~2018/03/04)
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報
最近の記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示