ちびっこ祭り

午後6時前から西海神社に小さなキリコと浴衣姿や法被姿をした子供たちが集まってきました。
西海ちびっこ祭りのお立ちは6時です。 ちびっこ祭りを見るのは何年ぶりになるでしょうか。 数十年前までは各戸が競うように参加したちびっこのキリコも、少子化という社会事情の事もあって本当に少なくなりました。 それにつれて巡回コースも極端に短縮されたことも初めて知りました。

例年、徐々に規模が縮小されているちびっこ祭りですが、近所のお店の話では、昨年よりも参加(見物?)者の数も多くて久しぶりの賑わいだということでした。 

20170812_children.jpg

スポンサーサイト

梅雨明け

金沢気象台は昨日、北陸地方の梅雨明けを宣言しました。

今年の梅雨明けは、平年よりも9日遅くて昨年よりも14日も遅い梅雨明けとなりました。
全国的には集中豪雨となり東北と九州方面では大きな被害も出てしまいました。 富来地域では目立った被害もなくて良かったと思う反面、雨の少ない梅雨となり農作物の出来が芳しくなかったようです。

これからは毎日が暑い暑いといいながら過ぎて行くのでしょうが、熱中症にだけは気をつけたいものですね。
能登の各地では夏のキリコ祭りが毎日のように行われます。 また、お盆で帰省する人たちも多くなりますが、狭い田舎道なのでスピードは控えめにすることをお願いします。

初イギス

夏の季節にはイギスの味噌汁が食欲をそそりますよ。
・・と云っても、私が採ってきたのではなくいつも貰い物ですみません。 勿論、若い頃は私も夏になれば高岩(崎)でサザエやエイガイ(ムラサキ貝)を採っていたこともあるのですが、海に入らなくなってから何年になるのかなぁ。 かれこれ40年近くになるかも知れませんね。 そんな大昔には茄子原の海でもこのイギスを採っては保存食として塩漬けにしたりしたのですが、今は貰ってばかりですが旬の食べ物として有難く頂いています。

今年も綺麗なイギスを持ってきてくれたのは、なんと同級生の I 君です。 
何か申し訳ないようにも感じますが・・。

そしたら夕方にも近所の「Oさん」からも頂きました。 夕食には私の好物のイギスの味噌汁がテーブルにのりました。 残りは取り敢えず冷凍保存で、冬になってもこの時季の海の恵みを楽しめます。

20170802_igisu.jpg

遅れて梅雨入り

20170622_tuyu.jpg北陸と東北地方の梅雨入りが遅れていましたが、昨日の全国的な大雨のニュースと同時に北陸地方も梅雨入りとなりました。

平年よりも9日遅く、昨年よりは8日遅い梅雨入り宣言となりました。
写真は今朝の北陸中日新聞です。(写真クリック:拡大)

待ちに待った昨日の雨でしたが、これで畑の野菜なんかも一安心ですね。 と言いたいところなのですが、これまでの水不足が影響して畑の作物にも異変が起きているようです。

我が家の家庭菜園はイノシシの反乱でジャガイモは全滅したのですが、他の畑ではジャガイモが枯れてしまって小さいジャガイモしか出来ていないという話もチラホラと耳にします。 特に砂地が強い土壌に影響があるようだとか。 我が家のように赤土成分が多い畑ではそれ程でもないようです。 

いつもゴロゴロ土で苦労をしている私としたら、砂地系の土壌が羨ましく思ったりするのですが思うようにいかないものですね。 何事にも「良い」と「悪い」は背中合わせということでしょう。

先日の観音山開き法要のお説教で聞いた「吾唯足知」ということなのでしょう。 過去記事:涅槃団子

今年もショウブ・・は

ミラエースの慣らし運転を兼ねてお隣の富山県高岡市の道の駅「万葉の里」までドライブしました。 初めてだと思っていたのですが、某団体の研修旅行で行ったことがありました。 それも、駐車場前の交差点に停車したときに気付くなんて・・。 「遅~っ」ていうか、行ったのは数年前なのに、もう健忘症(ボケ)と言われても・・?

そんな慣らし運転から帰ってきて横になっていると電話がかかってきて、「ショウブあるが~?」と有難い電話です。 毎年同じことを書いているようですが、ショウブ湯のショウブがあるのかと聞いてきてくれるほど有難いことは無いですね。 「無いげぃ~っ! 今貰いに行きます」って、そして今年もショウブ湯に入ることが出来ました。 過去記事:菖蒲湯

20170604_shobu.jpg

開花しました !

西海の桜の開花は何時だったのか確認できませんでした。 他の人のブログでは8日頃に開花したようですが、昨年よりも6日ほど遅かったようです。(写真クリック:2枚)

旧西海小学校のグラウンド沿いの桜は4分~5分咲きというところです。 やはり、桜の花が咲くと日本の春ですね! 桜の下で酒宴でもやりたいですが・・・。

20170410_sakura.jpg

採れたてのタケノコ

朝採れのタケノコが初めて我が家に届きました。 タケノコと云えば、朝採れで尚且つ、穂先が地表に出るか出ないかの状態で採った物が最高だとか・・・。 そんな、最高級品のタケノコです。

地表に出てしまうと成長は早くて、タケノコの先に帽子を載せておくと一日で手が届かなくなるといわれるほどで、その分タケノコ成長するにつれても固くなっていくようです。 目で分かるほど大きくなる寸前に採った物が商品価値も高いということでしょう。 今年の初物が我が家に届いたということで、採った人もまだ口にしていない・・なんて、本当に申し訳ないと共に感謝の一言です。

20170330_takenoko.jpg

今年は早い・・??

天気が安定しなくて困っています。 予報では晴れの日が続くことになっているのに夜半に雨がしっかり降ったり、気温が上がってきたかと思うと寒さが戻ってきたりと、ジャガイモを植えるタイミングが難しくて困ったものです。 そんな天候不順(?)でも、春は間違いなくすぐそこまで来ているようです。

下旬だとは云うものの、今はまだ3月なのに今年の初物となるワラビを採ってきました。

20170323_warabi.jpg

2,3日前、ウォーキングしていた時に道端にワラビを発見しました。 その時は数本のワラビが枯れ草の中から少し頭を上げている状況で、「オッ、もうワラビが出始めたなぁ」という程度だったのですが、今日はすっかりと、完全なワラビになっていました。

丈はまだまだ短くて不揃いですが、これはこれで立派なワラビです。 しかもその一画だけに現れたワラビです。 特にここだけ日当たりが良いという訳ではないのに、20m程の区間に手のひら一杯のワラビをとることができました。 帰り道ではやや開いたフキノトウもついでに採って・・・今晩の食卓は天麩羅ですね。

春の香り

20170319_fuki.jpg一週間ほど前からは気温の方も暖かくなって少し動くと汗ばむようになってきました。

今年は遅いと思っていたフキノトウも道端にたくさん見られるようになってきて、そんなフキノトウをポケット一杯に詰め込んでウォーキングから帰ってきました。

夕食の食卓にはフキ味噌と天ぷらが並びました。 若いころは口にすることもなかったホロ苦いフキノトウですが、数年前から採ってきては天麩羅やフキ味噌で春の香りを楽しむようになりました。 晩酌も、いつものビールから日本酒に変更してグイグイと杯が進みますね。 フキ味噌の方は炊き立ての熱いご飯の上にのせて食べると程良い苦みと味噌の味が調和して美味しく頂けます。 

追記 (2017/03/20)
同級生から俳句の投稿がありましたので紹介します。

「蕗味噌や 白寿の母が 味見する」 森 隆信

出初式

青空が顔を見せて風もそよ風程度しかも気温は少し高めの暖かい一日でした。
志賀町消防団の出初式のあとは米町川と於古川が合流して神代川(かくみがわ)となる地点で、各地区の消防団のポンプ車19台と志賀消防署のはしご車が堤防沿いに整列し、見事な一斉放水が行われました。 

恒例の出初式なのですが一斉放水を見学するのは初めてのことです。 流石に19台ものポンプ車が揃っての一斉放水は見ごたえがありました。(※写真クリックで放水写真:2枚)

20170107_firecorp.jpg

     
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示