今年もショウブ・・は

ミラエースの慣らし運転を兼ねてお隣の富山県高岡市の道の駅「万葉の里」までドライブしました。 初めてだと思っていたのですが、某団体の研修旅行で行ったことがありました。 それも、駐車場前の交差点に停車したときに気付くなんて・・。 「遅~っ」ていうか、行ったのは数年前なのに、もう健忘症(ボケ)と言われても・・?

そんな慣らし運転から帰ってきて横になっていると電話がかかってきて、「ショウブあるが~?」と有難い電話です。 毎年同じことを書いているようですが、ショウブ湯のショウブがあるのかと聞いてきてくれるほど有難いことは無いですね。 「無いげぃ~っ! 今貰いに行きます」って、そして今年もショウブ湯に入ることが出来ました。 過去記事:菖蒲湯

20170604_shobu.jpg

スポンサーサイト

タマネギの収穫

タマネギを収穫しましたが、葉っぱが倒れてからこの間に、急激にタマネギの球が大きくなったように思います。 一週間ほど前にはこんなに大きくなっていなかったと思うのですが、小振りな形のものは殆どなくて、全てが大玉になってしまったようです。 大きければ良いと云うもんでは無いでしょうね。

タマネギの苗を植えた時は余りにも立派な苗だったので「男タマネギ」が多くできるのではないかと心配していたものの、心配したほどでなくて安心しました。 それでも40個余りの「男タマネギ」ができました。

男タマネギが登場したのが昨年が初めてでその時はは5,6個だったのですが今年はなんと、40個余りも登場しました。 発生率は約6%ですが、この数字が高いのか低いのか・・。 おとこタマネギを発見 !

20170605_onion.jpg

スタートが遅かったので収穫して干す作業が終了したのが14:00過ぎでした。 全部を干すのが困難なので、タマネギを送るところへは干さずにその場で箱詰めにして郵便局の窓口へ直行です。
「届いたらすぐに箱から出して軒先にでも吊るして乾かして~」のメールも忘れずに・・ね。

苗の植付と収穫時には、頼りになる助っ人が登場するのは勿論のこと。 今回も大活躍してもらいました。 
活躍する様子は・・(写真クリック:3枚)

罠(わな)

風無のグランドゴルフ(GG)場の奥の方に鉄製の檻(おり)が設置されました。
以前にはこのGG場の周囲の芝生も掘り起こされる被害を受けたのでした。 現在は砂を入れて整備し直しているものの、芝生の成長よりも雑草の生命力が勝っているようです。 その後はイノシシの被害は無いようですが、その代わり周辺の畑に登場しているので困ったものです。

そして、遂に檻の出番となりましたが、この位置で本当にいいの? 小道の奥で藪に向かって設置してはあるのですが、その場所の周辺には、最近までは草地だった道には真新しいバラス(小石)を敷いてあるし、イノシシにとっては人間のにおいプンプンの状態。 こんな場所に設置しても意味が無いんじゃないのって思いますが、効果はあるの・・かなぁ? (写真クリック:2枚)

20170609_trap.jpg

私の畑はどちらかと云うと山の方にあるので、イノシシの被害があっても不思議ではないのですがそれでも実際に被害に遭うと悔しくて牡丹鍋をたらふく食べてみたい気持ちにも・・・。

この檻はイノシシ被害対策として志賀町が設置したのでしょうか。 設置した檻の近くの看板には、”危険、近づかないで・・” の注意書きとともに連絡先の番号が書いてありましたが、志賀町が設置を依頼した業者さんなのでしょうね。 

今度は・・ネット

初めて家庭菜園の畑にトマトの苗を4本植えたのですが、イノシシに代わって今度はカラスに用心しないといけないようです。 それとタヌキやハクビシンにも注意しなければと云う話を家庭菜園仲間から聞いたので被害に遭わないうちにネットで対策です。 ネットは漁網を譲っていただきました。

ロッキーから杭を買ってきて囲いをつくり後はネットを張れば出来上がり・・なんて簡単に考えていたのですがどうしてどうして、このネット張りが私にとっては至難の業でした。

まず、漁網(ネット)という代物を扱った経験が全くないこと、従って漁網を裁断するにあたってどのように網目を切って行ったら良いのか見当がつきません。 切って行くうちに徐々に斜めの方向に切ってしまっていました。 これは難しい・・。 どうしたら直線的に裁断できるのか大いに悩んでしまいました。 裁断をしていても、この切り方が正しいのか間違っているのかも・・「分かりませ~ん!」

20170613_net.jpg

半日で完成すると確信して始めた作業は、正午を過ぎてもその目途も立ちません。 結局、ほぼ一日も掛かってしまいましたが、これで良いでしょう。 あっ、入口を想定していなかった! 収穫するときにはどうするの~っ! って、その時はその時だ! 取り敢えずネット張りが完了したことで満足するしかないですね。

無残にも・・

あぁ、無情! イノシシの被害に遭ったのに策を講ずることもなく放置していたのですが、遂に決定的な被害を招いてしまいました。(自業自得・・か!)

最初の被害から約一ヶ月になりますが、その後の成り行きを見ていたのですが同じようにイノシシも様子を窺っていたようですね。 「もうそろそろ土中の新ジャガも少しは大きくなった頃かなぁ」、とでも思ったのか再び現れたイノシシは、前回に掘り残した株を今度は全て掘り起こしてしまいました。
イノシシの学習能力に感服です。 残っていた一畝もご覧の通りで今年の新ジャガは諦めるしかありません。

今からでもネットで囲いでもすれば・・と思うかもしれませんが、今更、残った3,4株の為にネットで囲うのもね。 それよりもスーパーで新ジャガを買った方がマシと云うものか。

20170615_jaga.jpg


ミノムシ(3)

6月も半ばを過ぎましたが北陸地方の梅雨明けはまだまだ先のようですね。 夏日になったかと思えばここ数日は気温が下がって、5月中旬とか5月下旬の気温との報道もあり寒暖の差が激しくて、数日前には石油ストーブが再登場と云う日もありました。

今日も穏やかな天気となりウォーキングをしても薄っすらと汗ばむ程度でした。
コースになっている道端の桜の木にぶら下がっていて、2月から観察しているミノムシですが、暖かくなってきた今頃になっても見た目には何の変化も見られません。(写真クリック:2枚)

20170617_minomusi.jpg

気候の方も温かくなってきたし、もうそろそろ何か変化があってもよいのではないかと思ってこのコースを楽しんでいるのですが今日も見たとおりで何ら変化している様子はありません。 ミノムシの成長過程を見た人ってほとんどいないのじゃないかと思うのですが、私たち人間から見れば、なんと儚(はかな)い一生なんでしょうか。(昆虫や植物なんかはみんな同じようなものかな) ミノムシ

YouTube に、「みのむしの生活」という動画があったので紹介します。 動画の撮影時間は16分ととてつもなく長いのですが、ミノムシの生態を記録撮影しているという点ではお勧めだと思います。 こんな記録動画は貴重かなと思いますので最後まで観賞(?)して下さい。(あくまでも、興味のある人は・・。)


この動画をみて思ったのは、ウォーキングコースのミノムシの活動はこれからなのかもしれません。 
いまは殻の中で蛹(さなぎ)の最中なのかも・・。 あたかもヤドカリのように蓑を担いで移動するそうなので、これからは毎日観察しないと何処へ行ってしまったのか分からなくなってしまいそうですね。

観音山巡礼

今年で6年目となる龍護寺の観音山巡礼ですが天気の方は朝から曇り空ですが、それでも雨の心配はなさそうです。 山門をくぐると緑色の若葉をバックにしてモミジの深紅が突然目に飛び込んできます。 境内には赤や白そして紫色といろんな花が咲いていて気持ちが良いですね。

参道入り口の「第一番 青岸渡寺」を皮切りに、スタートをした当初は肌寒くさえも感じましたが、急峻な山道を登るにつれて7番目あたりになると流石に少し汗ばむようになってきました。 薄手のジャンパーを羽織ってきたのですが、暑くなってきたからといっても藪蚊の攻撃が怖いので脱ぐこともできません。 約2時間弱の山巡行も無事終えることが出来ました。(写真クリック:3枚)

20170618_kan non


大きな梅が採れました

梅干しにするには少し早いかもしれませんが、全部収穫してしまいました。
今年の梅は大きくてしかも器量の方もほどほどの器量良しで、高級品の「南高梅」かと見間違うほどの品質の良さ(自画自賛?)の梅なのですが、量の方はこれだけしか採れませんでした。

それもそはず、正月前にはチェーンソーを使っての荒療治をしたので当然のことですね。 剪定 ? 伐採 !

例年ならば、梅が生っても欲しい人もいなくて自然に任せて捨てていたのですが、今年の梅の収穫は少し様子が違いました。 葉っぱの裏まで目を配り、採り残しが無いかと梅を探しながらの収穫は初めてです。

それに、今年は早い時期から梅が欲しいという人もあって、一個の梅も捨てることなく収穫しました。 
こんなことって、収穫するのも楽しいし本当に嬉しいですね!(ルンルン) 

大手術をした梅の木(3本)には流石に梅は殆どなりませんでしたが、来年は大きくて良質の南高梅(西海産??)が成ることでしょう。 ご予約はお早めに・・・ですヨッ!

20170619_ume.jpg

イワシの団子

イワシがたくさん獲れたようで我が家にも新鮮なイワシが大集合です。 有難いですね~っ、玄関先までわざわざ持ってきてくれるんですからね。 勿論、ただ・・で!

一度にたくさんのイワシを頂いても一度に全部は食べられないし。 と云うことで、すり鉢とスリコギが居間に(エッ)登場で今日はイワシの団子を作ることにしました。 スリコギでイワシをペースト状にするのってかなり大変です。 子供の頃はミキサーという電動器具がなかったので、納豆汁を作るにも、フロフキ大根につける胡麻味噌を作るのもすり鉢とスリコギで・・。

これなら保存もきくので、いつでもだんご汁(つみれ)が食べれるので良いですね。
ミキサーがあるのに腕が痛くなるし疲れる昔ながらのすり鉢で作らなくても良いと思うのですが、「生臭くなるしその匂いがとれなくなるし・・」って、すり鉢担当は私の役目なのです。 力任せで一気に片付けましたが、腕が棒になってしまいました。

20170621_dango.jpg

遅れて梅雨入り

20170622_tuyu.jpg北陸と東北地方の梅雨入りが遅れていましたが、昨日の全国的な大雨のニュースと同時に北陸地方も梅雨入りとなりました。

平年よりも9日遅く、昨年よりは8日遅い梅雨入り宣言となりました。
写真は今朝の北陸中日新聞です。(写真クリック:拡大)

待ちに待った昨日の雨でしたが、これで畑の野菜なんかも一安心ですね。 と言いたいところなのですが、これまでの水不足が影響して畑の作物にも異変が起きているようです。

我が家の家庭菜園はイノシシの反乱でジャガイモは全滅したのですが、他の畑ではジャガイモが枯れてしまって小さいジャガイモしか出来ていないという話もチラホラと耳にします。 特に砂地が強い土壌に影響があるようだとか。 我が家のように赤土成分が多い畑ではそれ程でもないようです。 

いつもゴロゴロ土で苦労をしている私としたら、砂地系の土壌が羨ましく思ったりするのですが思うようにいかないものですね。 何事にも「良い」と「悪い」は背中合わせということでしょう。

先日の観音山開き法要のお説教で聞いた「吾唯足知」ということなのでしょう。 過去記事:涅槃団子

     
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示