FC2ブログ

明専寺の白藤

20180510_myosenji.jpg今の時期は紫色の花がブドウの房のようにぶら下がっています。 フジの花です。

富来漁港の坂道の両側にも丁度いい塩梅に今が盛りと咲いています。 

高爪山(能登富士)を正面に見ながら左右のフジの花を眺めながら坂道を下るのも粋な風情かも知れませんね。

先日の新聞に、宝達志水町のお寺の庭に大きな白藤(シロフジ)が満開を迎えているいう記事が載ってたので、羽咋へ出たついでに寄ってみました。 お寺の名前は「浄土真宗本願寺派 菅原山 明専寺」で、たどり着くのに一苦労でした。

国道159号線から左に入るのですが、この辺りには目標となる物がなくて民家と田畑、どの交差点で曲がるのかが分からなくて同じところを往復しました。 こんな時はやはりカーナビが要りますね。 生憎カーナビ未装備の軽自動車だったのですが、却ってこの軽自動車で良かったようです。 自動車がやっと通るような路地道を進むと突き当りが明専寺でした。 (写真クリック:5枚)

宝達志水町指定文化財になっているそうですが、樹齢450年の大杉に巻き上がっていることが文化財指定になったのかなぁ ?? 満開になれば凄いのでしょうが、満開には少し早かったようですね。

公式観光サイトには・・・

この白藤は、幹廻りは地上20cmの所で1m40cm、地上2mあたりから3本に分かれて大杉に巻き上がっています。
樹高 約19mで、樹齢450年と推定されています。
この藤は、ノダ藤と言われ、右巻きで花は細長く房の長さは40cmほどで花びらは小さめ、開花は、5月上・中旬で満開の頃には、約千房にもなります。

 2018_05_19 お詫びと訂正
私の理解不足と完全な思い違いでした、深くお詫びいたします。
樹齢450年の大杉に白藤が巻き付いているのが町指定文化財になるのかと思ったのですが間違いも甚だしく深く反省しています。 改めて訂正いたします。

幹回りが1m40cmもあろうとは・・残念ながらこの太い幹回りを確認しないで帰ってきました。
機会があればもう一度出かけて確認したいと思います。

スポンサーサイト
     
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー

愛犬のチャッピー君
(2000/08/13~2018/03/04)
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報
最近の記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示