FC2ブログ

佐川急便の偽サイト

20180801_sagawa.jpg通知 お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 配送物は下記よりご確認ください。 https://XXXX/sagawa ←不審なリンク先(佐川急便の偽サイトが表示)』のようなショートメールが届いたら注意です。

ショートメールから偽のサイトへ誘導するという、なんとも巧妙な手口の詐欺メールが送られてくる事例が多く見られるようなので十分に注意してください。

佐川急便のHPでも「佐川急便を装った迷惑メールにご注意ください」と注意喚起がされていますが、偽サイトの画像は写真で見たとおり正式HPだと思い込んでも不思議でないほどよく似ています。
最近では何かというと通販で購入する機会が多いし、不在配達の場合も良くあるケースなのでこの種の偽メールは引っ掛かりやすいですね。 ネットでの通販は店舗に出向かなくて良いのが一番で商品も自宅まで配達してくれるので都合も良く、ますます利用する機会が多くなると思います。

被害者はネズミ算式に増えるようになっていて、知らない人からの問い合わせ電話もくる二次的な被害もあるので絶対に偽サイトのアドレスをクリックしないことです。 佐川急便のHPでは、「間違ってインストールしたら、すぐにアンインストールすること」となっていますが、アンインストールすることを知らない人には無理! ショートメールが着たら無闇むやみにクリックしない事が肝心です。

スポンサーサイト

好物のイギス

今年の初イギスは領家町のYさんから、綺麗なイギスを頂きました。
Aコープでも販売しているようですが、近年ではそれほどまでに希少海藻になったイギスですがイギスを好きな人にとっては高級食品になってしまいました。 イギス自体が少なくなってきたこともあるのですが、まず採る人が昔ほどには居なくなったことが大きな要因でしょうね。 

小学生の子供たちが海水浴をした後にイギスを採って帰宅すると、夕食の味噌汁には新鮮なイギスが入っていると云った光景は皆無ですね。 そんな子供たちはいないし居たとしても学校のプールで水浴びをしているかスイミングスクールへ通う子供です。

なので、岩場の海岸で遊んでいる子供たちを見かけることはなくなりました。 
そんなことを思いながらイギスの入った味噌汁をすすりました。

20180802_igisu.jpg

蚊がいない ??

20180803_nomatt.jpg夏になれば毎年悩まされるのが刺されて痒いですが、今年はその蚊の姿と云うか蚊の「ブ~ン」と飛ぶ羽音を聞かないという話を聞きました。

言われてみれば・・我が家には例年必須のアースノーマットの容器が見えません。

それに、毎年この頃になると蚊に刺されて「痒い痒い」と大騒ぎする声も聞かれませんがこれも猛暑の気候が影響しているのでしょうか。

雨が降らない上に連日の真夏日が続くので、蚊にとっては卵を産むべき水溜りを失って蚊の世代交代が出来ていないと云うことになるのでしょうか。 蚊の発生を防ぐには、まず水溜りをできるだけ減らすことなのですが、今年は人の手を借りることなく雨の降らない天気が続いている事が蚊の発生を抑制しているという結果になっているのかも知れませんね。 良いのか悪いのか・・。
一ヶ月も雨が降らなければ小さな水溜りは干上がってしまってボウフラは発生しないと云うことか。

黒ニンニク

国内のニンニク生産量が一番の青森県田子たっこ町産の熟成した黒ニンニクを購入してみました。

健康のためには黒ニンニクが良いからと酒見のMさんから薦められていたのでした。 作り方もそれほど難しくはないからと黒ニンニクの作り方まで教えてくれたのですが如何いかんせん、我が家には残念ながらニンニクを食べる習わしがないのでした。 従ってニンニク臭のする食べ物はタブーなのです、私以外は・・。

熟成した黒ニンニクそのものはニンニク特有の臭みや辛さがなくて、むしろ「糖度が増してまるでドライフルーツのような食感に生まれ変わります。」とは生産組合HPの謳い文句です。
それなら我が家でも、黒ニンニクは作れなくても臭いがしなくなった物なら大丈夫じゃないかと試食してもらいました。 ふたを開けた途端に、くさ~っ!」 

20180804_kuro.jpg

「少しなら大丈夫だから」
臭いに少しも多くもないよね。 全員に総スカン・・でした。 
「食べた後も口の中が臭い!」って云うほどではないと思うのですが、嫌いな人にとってはどんなにしても同じコトなのでしょうね。 家族も食べるだろうと少し多めに注文したのですが失敗で、全部を私一人で食べることになりましたが、食べ過ぎないようにしないとね。

恵みの雨

朝起きたときは薄日の射す天気だったのですが、8時ころになってからは急に厚い雲に覆われポツポツと雨が降り出しました。 4週間(28日)ぶりの雨はポツポツから急にザーに変わりました。 バケツをひっくり返したような雨脚に車から外には出れない状況でしばらくの間、車内で待機です。

「中日新聞 2018年8月6日夕刊」によれば、西日本豪雨で最初の大雨特別警報が出されてから六日で一カ月。警察庁によると被災地での死者は225人に上り、共同通信のまとめで広島、岡山、愛媛、大阪の四府県では11人の行方が分かっていないという。 そして今度は山形県酒田市付近での集中豪雨と最近ではゲリラ豪雨が珍しくありません。 今朝の車内での待機も20分ほどで、少し小降りになったのを見計らって用事を済ませました。 家に帰ると雨を気にしないほどになり、西の空も明るくなってきました。

本当にゲリラ豪雨とは良く云ったもので、その後は天気も回復して曇り空の一日でした。 
明日からは又、晴れの日が続きそうですが、今朝の土砂降りは「恵みの雨」になったのでしょうか。

20180806_rain.jpg

ボブ ???

20180808_wan.jpg買物に行ったときにおもちゃ売り場でこの犬のおもちゃを離さないので買ってきたという犬です。

孫が自らの欲求で買った初めてのおもちゃは電池を入れるとワンワンと声(音)を出してヨチヨチ歩く、何の変哲もない定番のおもちゃです。

最初の頃は頬擦りをしていたワンちゃんでしたが、最近ではその扱いも乱暴になってきて写真では分かりませんが少し汚れてきました。 このワンちゃん、名前はごく一般的に「ワンちゃん」だったのですが、数日前から「ボブ」と呼んでいる人がいます。 それは・・妻です。

「どうしてボブなの?」の声に 「名前を付けてあげないと、ワンちゃんじゃ可哀そうやない」で、ボブになりました。 でも家庭内での認知度は低くて、孫にとっては矢張りワンちゃんです。

チビッ子祭り

太鼓とかねの音につられて一足早い西海神社のちびっ子祭りに、昨年に続いて今年も参加(?)しました。

参加するちびっ子もいなくて、年々縮小傾向にあるちびっ子祭りですが、今年は他の地区のちびっ子も参加して盛り上がりを見せました。 巡回コースは神社と風無ふれあいセンターを往復するコースです。 
これも従来の小学生中心のちびっ子祭りから保育所のちびっ子中心のイベントに様変わりしているので仕方のないところでしょう。 当然、巡回コースとは名ばかりですが、今年は神社での御立ちの前に行われた「流しソーメン」の方がちびっ子にとっては楽しい行事だったかも知れませんね。

20180811_maturi.jpg

西海祭りです

朝から気温はもう30℃を越えてしまいました。 真夏日の中での西海祭りになりました。

キリコの組み立ても暑くならない時間帯でと云うことで、例年通りの 07:00から開始ほかの組の人が準備に集まってくる頃にはほぼ作業は完了です。 (写真クリック:2枚)

昨日の夕方にはお墓参りを済ませたので、今朝は西海祭りを見に来る(?)お客さんを迎える準備で大忙しです。 それも午前中にはほぼ終了したようです。(どこかのスマホのCMで見たような、聞いたような?)

20180814_saikai.jpg

フィットネス

今年になってからは運動らしい運動は皆無の状況が続いていましたが、ボチボチと軽い運動を始めようと思って8月にリニューアルオープンした志賀町総合体育館内にあるフィットネスルームへ様子見がてらに行ってきました。 店内ではリニューアルセールとしてミズノ商品が最大50%オフで展示販売していました。 

新しいマシーンを導入して空調・TVの設備を完備しているので、健康維持のための運動が快適な環境でできるのは良いですね。 今の時季なら屋外での運動は特に熱中症に気を付けなければならないし場合によってはイノシシ対策も必要です。 その点、フィットネスルームではそんなことを気にせずに安心して運動できます。

20180817_fitness.jpg

今日は様子見でウォーキングマシーンで汗をかいてきました。 
ウォーキングマシーンって見た目には簡単そうにやっていますが、実際にやってみるとこれが中々難しいものですね。 ベルトのスピードと足の運びのタイミングが合わなくて、最初の内は両側の手摺りにつかまりながらのヨチヨチ歩きでしたが10分ほどで手摺を摑まらなくても歩けるようになりました。 

隣のマシーンでは女性の人が軽快なステップで走っていました。 一方、私の方は「年寄りの冷や水」とならないように、45分間を2回で7kmのウォーキングでした。

「夕まずめ」 ???

20180817_sunset.jpg「夕まずめ」、こんな言葉を知っているでしょうか。

ゆうまずめと呼びますが、カタカナ表記(夕マズメ)にすると間違った読み方をする人もいるかも知れないので要注意ですね。

私は勿論の事、開き直る訳ではありませんが、
「はい、知りません!」

この言葉を初めて知った(見た)のは、本ブログサイドメニューのリンク欄にもある「心の赴くままに!」のブログ記事でした。

「夕まずめ」があれば「朝まずめ」は? ありました。
初めて目にした「まずめ」については・・・。

釣りでよく使われる言葉に「まずめ」がある。朝まずめ、夕まずめ、という使い方をされるが、辞書には滅多に登場しない釣り用語である。ただ、『広辞苑』第六版には「まずめ」が「日の出と日没の前後。それぞれ朝まずめ・夕まずめといい、この時刻は魚が餌をよく食うとされ、好漁の潮時。まじめ。まずみ。」と比較的詳しく解説されている。

釣り人はまずめではなく「まづめ」と書くことが多いようだ。これは「間詰め」という語源説に由来し、夜から朝までの間隔、昼から夜までの間隔を詰める時間帯を意味する。
ただ、調べたところでは、本来は漁村などで使われる漁村用語らしく、「まじめ」や「まずみ」から転訛したもののようだ。

と云うことですが、県内でも有数の漁港がある西海では、私が知る限りでは聞いたことはありません。 
もっとも、小学校のときに学校行事の磯釣り大会でアブラメを釣って以來釣り竿を手にしたことのない私としては、釣り用語には無頓着で聞き流していたのかもしれませんが。

釣り人仲間の間では魚の餌付きが良い時間帯の云い方として使われている言葉なのかも知れませんね。 

     
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー

愛犬のチャッピー君
(2000/08/13~2018/03/04)
性  別:男性

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報
最近の記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示