「丁度よい」

今日は、我が家での「報恩講」でした。

法話の最後に、石川県野々市市の真宗大谷派常讃寺坊守(住職の妻)・藤場美津路(みつじ)さんの、「丁度よい」という詩を紹介して頂きました。

      お前はお前で丁度よい
      顔も体も名前も姓も
      お前にそれは丁度よい

      貧も富も親も子も
      息子の嫁もその孫も
      それはお前に丁度よい

      幸も不幸もよろこびも
      悲しみさえも丁度よい

      歩いたお前の人生は
      悪くもなければ良くもない
      お前にとって丁度よい

      地獄へ行こうと極楽へ行こうと
      行ったところが丁度よい

      うぬぼれる要もなく卑下する要もない
      上もなければ下もない
      死ぬ月日さえも丁度よい

      仏様と二人連の人生
      丁度よくないはずがない
      丁度よいのだと聞こえた時
      憶念の信が生まれます
      南無阿弥陀仏

「丁度よい」と思う事は大切なことと頭の中では思っても、なかなかそう簡単に「丁度よい」なんて思えないのが現実の私です。 
法話の後の雑談で・・・若い頃は「現状に甘えてはいけない。 常に、上を目指して勉強し努力することを惜しんではならない」と、先輩からは叱咤激励されたし、また同じように言って来ましたが、それって「丁度よい」と思う事と相反することではないんですか・・・と聞いてみました。

努力することも勉強することも重要な事で、自分に「丁度よい努力や勉強」の仕方がある筈。 他人のやり方や人生を参考にすることはあっても、その通りにはいかないんだから、自分に合った生き方をすれば良いのでは・・・と言う内容のお話でした。 なるほど!

「丁度よい」の詩は、宗教的な要素のある最後の五行を省略して、良寛の作とされた時期もあったようです。

藤場さんは、「この詩は、自己否定の苦悩の中に聞こえた仏様の慈愛の言葉です。 安易な現状肯定ではありません」と、私の質問にも明確に答えられています。(引用HP)

スポンサーサイト
     

コメント

No title

報恩講を自宅で?? 近所の人とか親戚の人とかお参りに来るのですか?

善照寺からも?  自宅で・・と云うの初めて聞きました。

偉いね~! 今度「オカミソリ」受けて、善照寺の“ばんそう“になればどうかな?(笑)

Re: No title

> 善照寺からも?  自宅で・・と云うの初めて聞きました。

あれっ、そうなの。
私が小さい頃は近所のおばあさん達が集まって行われていましたが、最近では家のものだけで行うことが多いようです。
大きいお寺は全ての檀家の家で行おうとしたら大変なのでしょうが、私の寺は何せ小さいので可能なのでしょうか。
私自身は特に信仰心からと言うのではなく、「年の瀬」の行事と云う程度ですが・・。(不謹慎な!)

”ばんそう”・・伴奏、伴走。 どれも私には出来ません(爆笑)


Secret

     
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示