磨(みが)きもの

お寺の磨きものがある日なので、朝の連ドラも見ないで少し早目にでかけました。
磨きものの時季になると一年の終わりを感じるのですが、正月になったかと思えばもう年末を迎える準備と、年ごとに一年が短く感じるようです。

これまでは一般的に、ウエスに真鍮(しんちゅう)磨きの液を付けて磨いているのですが、今日は特別な布なのでしょうか鋏で裁断して渡されたのが写真の布です。 「バンテン」と云うそうで、商船の乗組員が多かった(過去形です)富来地区では懐かしいものだとか・・・。 永い船旅を終えて数か月ぶりに入港する前には、このバンテンで船の真鍮で出来た部分を磨いた想い出が蘇るようです。

麻生地で船の帆だというのですが、キャンバス(帆布)のようなゴワゴワ感もなくて肌触りがよくて生地が薄いようです。 織り方が粗い生地なのでいかにも真鍮磨きには適しているように思えてきました。

20151031_banten.jpg

一般的なウエストは違って、「バンテン」はやはり扱い易くて真鍮の仏具もこれまでよりも一段と輝きを増したようにも・・・。 自宅の仏具も一度は磨けばいいのですが、まだ綺麗いだし今年は良いだろうと延び延びになっています。

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示