イチョウの木

風戸(ふと)地区に入ってすぐの交差点、見落としてしまいそうな四角い文学碑が建つ交差点の坂道を登っていった所にあるイチョウの木です。 道路よりも高い場所にある畑なので気が付かない人も多いと思いますが、その畑には黄葉したイチョウの木が4,5本植えられています。

畑には一般的には果樹が植えられるのですが、どうしてイチョウの木なのか不思議に思います。 しかも畑の脇にではなくて、畑一面と云って良いほどその存在感を顕示するかの如くに、規則正しく植えてあるのですから何故だろうと思ってもいいよねぇ。

そして木全体が黄葉した葉で包まれていて地面には絨毯のようにこれまた黄葉した落葉が綺麗です。

20151109_ichoh.jpg

イチョウの実は良く知っているように茶碗蒸しなどに入れたり、また酒の肴としても好んで口にする人も多いと思います。 ただ、口に入る銀杏(ぎんなん)になるまでは、あの独特の悪臭と云っていいほどの臭気が堪りませんが・・・。

そんなイチョウの木ですが絶滅危惧種の植物だと知っていますか?
「現存する唯一のイチョウ綱であり、生きた化石としてレッドリストの絶滅危惧IB類に指定されている」そうです。(ウィキペディア)

子供の頃にはお寺の境内なんかに大きなイチョウの木があった記憶があるのですが、今でもあるのかなぁ。 近くなのに在るのかさえも分かりませんが、多分あるのでしょうね。(はぁ?)

それにしてもこの畑のイチョウですが、どう云う目的で植えたのか一度持ち主に聞いてみようと思いますが、現在の人が植えたんじゃないだろうし知らないと云うだろうなぁ。

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示