赤トンボ

西海地区の畑道を歩いていて不思議に思う事があるのが、何故かしら畑の一画に使われなくなった天馬船(小船)が放置されている光景です。 いくら漁師町とはいえ畑地に小舟はどう考えても不自然に思えますが、あちこちの畑地にも見られるのはどうしてでしょうね。

そんな畑の小舟には雨水が溜まっていて、さながら小池のような状態になっています、 最初は畑の野菜の水やり用にタンク替わりになっていたのでしょうね。 それが耕作しなくなったので水遣りの必要性が無くなったうえに放置されたままなので、風雨にさらされた船底には土が溜まり小さな池になってしまいました。

ボウフラやオタマジャクシも棲(す)んでいそうだし、トンボにとっては格好の産卵場所なのかもね。 

20160826_akatonbo.jpg

赤トンボと云っても色々と種類があるようですが、狭義ではアキアカネの事を指すようです。 写真の赤トンボは身体全体が赤いのでショウジョウトンボと云う種類だと思います。 

ナツアカネと云う種類もあって、かなりの専門的な知識がないと見分けるのは難しいそうです。 水辺の周辺によく表れることや非常に縄張り意識が強くて領空権争いが激しい特徴などから「ショウジョウトンボ」で間違いがないんじゃないかなぁ。 この時も2羽で空中戦をしているようでした。

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示