道端の野草 (2)

昨日の記事で、毒性が強い植物の「センニンソウ」のことを紹介しましたが、パート2はよく似ている野草の「ボタンヅル(牡丹蔓)」です。 この野草はセンニンソウとよく似ている筈、キンポウゲ科センニンソウ属で、やはり毒性が強い植物なのです。

名前の由来は・・・葉っぱが牡丹(ぼたん)の葉に似ているのと、ツル性であることからきているようです。
センニンソウとの違いは葉っぱの形状が違うので見分けがつきますが、毒性が強いのはどちらも同じで注意しなければね。 白い花のように見えるが花弁ではなくて愕(がく)弁なのも同じです。

20160828_botanzuru.jpg
スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示