枇杷の会

郷土出身の加能作次郎の短編を朗読する「枇杷の会」の講演会が、60名ほどの地元や近隣の人達が集まる中、富来活性化センターで行われました。 今年で6回目を数える朗読会で、今回の朗読会での作品は3部作で、「屈辱(抄)」「海の断章」、休憩をはさんで最後は「乳の匂い(抄)」を10人の会員たちがパートを分担して披露されました。

何と云っても作次郎の作品の魅力は、地元の方言がその作品の中で多く使用されていることです。 パートを担当する人のセリフや声色を聞いて、会場では笑い声もあって楽しい時間をすごしました。

20161008_biwanokai.jpg

「枇杷の会」の会員も高齢化してきて、60~80代の女性ばかり、一番の悩みは新しい会員が入ってこないことです。 一人でも多くの若い人(60代・・?)の参加を呼び掛けています。

練習と云っても月に一度なので割合に参加しやすいのではないでしょうか、 金沢の「朗読小屋 浅野川倶楽部」から講師を招いて実施しているそうです。  

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示