雷の観測 ?!

20161204_kaminari.jpg風戸の集会場横の急な坂道を登っていくと、その途中の畑の脇に細い引き込み用の電柱が立ちました。

2,3週間ほど前に若い人が3人で作業をしていたので聞いたところ、岐阜大学の学生さんで雷を観測する装置の取り付け作業をしているようでした。 

具体的なお話は(多分、聞いても理解できないので)聞かなかったのですが、観測装置にしては少し貧弱(失礼)にも思える装置とアンテナが接続されていました。

何を観測するのでしょうね。

それにしても何でまた、雷観測なのでしょう。 西部台地では誘雷ロケットの発射により観測を大学が共同で行っているし、更に岐阜大学が新たに始めるとは・・・。

かっては河北潟の干拓地で行われていたのですが、今では住宅や大型商業施設の進出で誘雷実験と云った一種危険な実験は出来なくなったこともあるのでしょう、 その点、過疎化の進む能登半島での実験・観測ということでしょうか。

勿論、大学生たちの実験や観測を応援したい気持ちはあるものの、何とも複雑な気持ちになってしまいます。

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示