FC2ブログ

牡丹・芍薬・石南花 !?

20180522_syakuyaku.jpg美人を形容する昔からの言い方に、「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」というのがありますが、この花はどちらでしょうか。 

富来祭り唄の歌詞にもあって小学校の頃には良く歌った「立てばシャクヤク座ればボタン・・・」ですが、最近も歌っているのでしょうか。

祭り唄だけではなくて一般的な言い方としても余り耳にしなくなったようにも思います。 昭和時代を代表するようなかつての理想とする女性像も、平成も30年になる現在では時代遅れなのでしょう。

芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花であることから、美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容することば。
芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせ、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつける。 百合は風を受けて揺れるさまが美しい。

これらのことから、芍薬は立った見るのが一番美しく、牡丹は座って見るのが一番美しく、百合は歩きながら見るのが一番美しいという説がある。 また、芍薬はまるで美しい女性が立っている姿のよう、牡丹は美しい女性が座っているよう、百合は美しい女性が歩く姿のようだなど、諸説ある。

単に「立てば芍薬座れば牡丹」とも、「立てば芍薬居(とと)すりゃ牡丹歩く姿は百合の花」ともいう。

《故事ことわざ辞典》 より

芍薬シャクヤクによく似た名前に石南花シャクナゲという花もありますが,牡丹ボタンを加えて3種類の違いを区別できますか。 

調べてみると以外にも簡単に区別できるようですよ・・私でも。 少し安心しました。 花はと云うとどれも大輪の花だし色合いも鮮やかな色なのですが、先ずは葉の形から見分けることが出来るようです。

シャクヤクとボタンの違い・・・ボタンは葉にツヤがなく、大きく広がっています。 また、先が3つに分かれてギザギザになっているのも特徴です。 一方シャクヤクの葉はツヤがあり、葉の先にギザギザはなし。 全体的に丸みもあります。 何よりも大きな違いはシャクヤクは多年生の草なので冬に枯れてしまいますが春になると新たに芽が出てきます。 ボタンはその点は樹木なので枯れることはありません。

名前が似ているシャクヤクとシャクナゲですが・・シャクナゲはツツジ科の常緑低木、深山に自生、または鑑賞用に栽培されます。初夏、白、淡紅色のツツジに似た花が咲きます。 シャクヤクはキンポウゲ科の多年草、庭園に栽培され、初夏にボタンに似た赤、桃、白の大形の花が鑑賞栽培されます。

・・で、戴いた写真の花(写真クリック:2枚)、牡丹の花だと信じて疑わなかった私だったのですが、今日の「ばばカフェ」に集まったお年寄りに聞くと。「こりゃぁボタンじゃなくてシャクヤクやわいね」と云われてしまいました。

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー

愛犬のチャッピー君
(2000/08/13~2018/03/04)
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報
最近の記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示