可燃ごみの有料化・・・どちらが正しいの?

20110729_gomi.jpgこれまで無料であった「可燃ごみ」は10月からは有料になります。
色々な意見はあるでしょうが、ごみ処理費用の有料化は受益者負担という意味ではそうあるべきと思います。

半期に一度、各家庭に配布していた「可燃ごみの処理券」は配布しなくなり、各家庭では処理券(シール)を町内の商店から購入して貼付することになります。

上の記事は、「広報 しか(2011 №72)」に掲載の記事で、これまでに配布していた無料シールは来年の9月30日までは使用できることが書かれています。

20110729_gomi2.jpg下の記事は、「議会だより №24(平成23年7月28日)」の6月定例会で可決された、可燃ごみの処理に関する記事で、「無料シールはそのまま使えます」となっています。


書かれている記事の内容が違うように思えるのですが、どちらが正しいの? それとも、どちらも正しいの?

一年間の暫定期間があるので、一般的には、「それまでには無料シールは完全に使い果たすだろう」という事でしょうが、紛らわしい表現になっていて戸惑いを感じてしまいます。
そういう意味ではどちらも正しいって事になるのでしょうね? (写真クリックで拡大)
スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示