雑草の中に咲く・・・アマナの花

20120415_amana.jpg春になると色んな花が咲きますが、雑草に混ざって咲いている綺麗な小さい花も多くあります。

草木地区のお寺(淨因寺)の境内でひっそりと咲いていた花ですが、アマナ(甘菜)という花です。
(勿論、帰ってから調べて分かったのですが・・。)

早春に咲く小さな花で、日当たりの良い原野や土手の草地に生えます。 根の部分を 食べると甘い味がすることから、アマナ(甘菜)の名前があるようです。

道端に咲いている小さな花は全て、雑草のように思ってしまうのですが立派な名前がついているのですね。  雑草と言ってしまえばそれまでですが、山野草と言い換えればこれは立派な観賞植物です。

アマナ(Amana edulis (Miq.) Honda)は、単子葉植物ユリ科アマナ属の多年草である。早春に白い花を咲かせる小型の草花である。

地 下には広卵形の球根をもつ。球根は外側に黒っぽい皮がある。10cm位の深さに埋もれており、しかもそれに繋がる茎が細いので、掘り出そうとしても切って しまうことが多い。葉はこの茎の中程からつくので、地表では根出葉のように見える。葉は2枚、ほぼ同じ大きさのものが向かい合う。線形で長さ 10-25cm、幅は5-10mm、中央がくぼんでUの字になっている。色は緑色で裏面はちょっと紫がかり、全体に白い粉を吹いたような感じに見える。

こ の葉の間から15cm程の花茎を立て、その先端に花を一つだけつける。花の少し下には一対の苞があり、小さな葉状で緑色をしている。花被は六個、長さ 20-25mm、披針形で先端がやや尖り、白で背面には紫の筋が入る。釣り鐘状に抱えて咲き、上向きかやや斜めに向く。雄蘂は六個で花被より少し短く、葯 は黄色い。花の見かけはごく小さなチューリップそのものである。なお、晴れた日には花がよく開くが、曇りの日には閉じてしまう。

果実は丸くて緑色、長さ10mm。

《ウィキペディア百科事典》

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示