渤海国と福浦の話

20130313_bokkai.jpg7世紀末に現在の北朝鮮を中心に「渤海」という国があり、日本との交流が当時としては頻繁に行われていました。

福浦公民館主催で「福浦の対岸世界 渤海の話」です。 金沢学院大学の小嶋芳孝教授が、渤海国の歴史と福浦港の関わりについて講演しました。

渤海国は現在の北朝鮮を中心にロシアの一部を含めた広大な領土を有した国ですが、僅か200年余りで亡んでしまいました。 現地での渤海遺跡の発掘調査に直接携わっている先生の講演は興味深く聞くことが出来ました。

渤海使節団の渡来地は東北・北陸・山陰地方の日本海側に広く亘っているものの、北陸への渡来が多く見られるのは、奈良の都に近い事もあるのでしょうか。 そして渤海使の帰途は、航路が最も安全性が高くて距離も近い能登半島の西端の福浦港からだったという話でした。

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示