涅槃団子

20130315_nehan.jpg龍護寺で行われた涅槃会に初めてお参りしてきました。
事前に、写真撮影の許可を貰ったのでカメラを手にしてのお参りで、どちらかと云えば不謹慎ではありますが写真に重点をおいた涅槃会となりました。

酒見地区の人はもとより他の地区からのお参りも多くて、御堂には一杯の人(私を含めてお年寄りの人達)で溢れました。

お説教は涅槃図の前で行われ、涅槃図に描かれている内容についての解説もして頂きました。 また「知足」という言葉についても詳しく説かれました。 今いる自分が充分に満たされている事を知り、不足感を持たない事の大切さに参詣者全員が頷きご住職の話に聞き入っていました。 

「上を見ればキリがなく、下を見ればこれまたキリがない」ことは頭の中では良識として解っていても、現実に戻れば我先に欲の虜(とりこ)になってしまう悲しさかな。 下を見る事を忘れて上ばかりを見てしまう浅はかさこそ人間性というものでしょうか。

そんな有難いお説教を聞いたあとは、いよいよ本日のお目当てでもある「団子撒き」です。 最近はお年寄り(特に、高齢化)が多いことから、怪我をしないように手渡しをすることになっているようです。 

涅槃団子の入った段ボール箱には皆が殺到し、我先にとナイロン袋を差し出すお年寄り達、少し前までは「知足」のお話に頷いていた人たちの姿は何処へやら・・・。 これじゃぁ、お釈迦さまも苦笑いをするしかないのではないかなぁ。 長い人生、苦楽を知りつくした者にとってはそれまでの知恵が災いしているのでしょうか。  「馬の耳に念仏」って諺を思い出していました。

お説経って、所詮お年寄りに聞かせても無駄なのかもしれません。 むしろ小学生や中学生までの若者に聴いて貰った方が良いのでしょうね。 生活知恵のついた人達にはどうしても現実重視、「理想と現実は別物よ。 理想だけで生きていけたら誰も苦労しないよ」・・・ってことなんですね。 それも良く分かります。
スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示