100人の母たち

20140525_photo.jpg志賀町文化ホールで開催された「フクシマの後を考える100人の母たち」の写真展と「命のネットワーク」が共催する黒田節子さんの講演会に行って来ました。

「100人の母たち」写真展は志賀原発30km圏に住む女性たちが企画した写真展で、写真家・亀山ののこさんの写真集の一部を写真パネルで紹介する写真展です。

3.11東日本大震災で発生した福島第一原発の事故後に避難した母と子を捉えた写真集は大きな反響を呼び各地で展覧会が開催されています。 「原発立地の住民として、福島の現実に思いを寄せたい」との女性グループの企画で開催することが出来ました。

講演会は、「原発いらない福島の女たち」で原発再稼働阻止の活動を続けている黒田さんから、福島の現状と住民の葛藤を赤裸々に話しました。
「フクシマを忘れない」と云う言葉を聞くと、とても悲しくなるし憤りを感じてしまうと話す黒田さん。 「フクシマはまだ記憶に留まるなんて状況ではないんです。 まだ何にも解決していない現実があるのです」という趣旨の話を聞くと胸が痛みます。 私も含めて、福島第一原発の事故は遠い東北の福島での原発事故としか捉えていないと強く訴えているように感じました。

公演の初めに、福島県在住の吉田麻里香さんのノート「ふくしまで暮らすということ」が紹介されました。

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示