こなん水辺公園

能登半島の大雪(かな?)もようやく峠を越えて、主要道路の雪は消えたものの道路脇や田畑にはまだ白い物が残っています。 ここは金沢とはいえ中心街とは遠く離れた河北潟の南に位置する公園の駐車場です。

河北潟に飛来する野鳥や水草、植物、魚類など、保護すべき自然との共生を目指した施設で、消滅しそうな水生動植物や昆虫や漁類の保全すると共に観察することもできます。 こなん水辺公園のHPはコチラです。

20170117_park.jpg

近くには金沢競馬場もありますがその近くには、一週間に一回ほどの割合でレッスンを受けている金沢乗馬倶楽部があります。 そんなことからこの公園の駐車場はよく利用させてもらっています。 レッスンでの反省と乗馬の体験を記録することと、少し遅めの昼食タイムとして・・・。

寒いので昼寝を楽しむ気分になれないこともあるのでしょうか、雪の駐車場にはいつものように多くの車は見られません。 ほとんどの車はエンジンをかけたままで、マフラーからは冷気に触れた排気ガスが白い煙(蒸気)となって流れていました。 フロントガラスに顔を並べた「ロナウドとアンジェ」は車内で休憩タイムです。 馬の名前なんて聞いたって、知らないよね。 「えっ、馬なの? ネズミかと思った!」

116鞍目・初乗り

最近は多くなったように思うのが乗馬ネタですが、どうしてでしょうか。
 
冬の期間はどうしても家に閉じこもる事が多くなるので、適当なブログネタが少ないのも一因ですが、そればかりではない事もちょっとした理由かもしれません。 実は、最近は少し乗馬そのものが楽しくなって来たように感じています。 駈歩発進もだいたいできるようになったので馬場が面白くなってきたと同時に、馬と触れ合う事でお馬さんそのものが可愛くなってきました。

特にブルームーンは大人しいお馬さんであることや騎乗する機会が多い事もあって、ブルと良くお話をします。 知らない人が見たら「変な人」と思われそう~。

今年の初乗りもそんなブルちゃんでした。 昨年の暮れはとても忙しい年の暮れとなって予約していた乗馬ができなくなってしまいました。 そのために、乗り納めが12月上旬だったから初乗りの今日までの期間が約一ヶ月となりました。 乗り納めが巧くいったので一カ月のブランクがとても気になっていたのですが、今日のブルは昨年以上に頑張ってくれました。 

レッスン前の顔合わせでの会話、「ブルちゃん新年おめでとう。 今年もよろしくお願いします」のコミュニケーション効果があったのかも・・。 それとも、ニンジン効果かな?

115鞍目・今日の駈歩


今日も乗馬ネタになりますが、興味のない方は飛ばして下さいね。

前回に続いて115鞍目も、重い馬という事で人気がないものの私が好きなブルームーンです。
家を出る時は雲の割れ目から青空も見える時もあったので屋外馬場でのレッスンを期待していたのですが、金沢に近づくにつれて小雨が降り出して来ました。 残念!

屋内馬場で今日も2頭のお馬さんが入ってのレッスンですが、初めての人と一緒です。 
しかもインストラクターがとんでもない事を言い出しました。
「今日の最終的な目標は、2頭が一緒に駈歩出来るように頑張りましょう」って、そんなの無理でしょう。

これまでよりも、レッスンの方は少しピッチも上がっていきます。
個々の駈歩レッスンが終わったところで、いよいよ無謀だと思われる2頭同時の駈歩です。
「ブルちゃんお願いだからしっかり走ってよ。」

私が先頭なのでブルが走らない限り後続のカルナバリートが走れないので、ブルに頑張ってもらうしかありません。 ブルよりもこちらが緊張しますよね。 

レッスンが終わっての洗い場でのブルは汗だくでした。 私も・・・。 良く頑張ったブルームーンでした。
それと。今日は上手なお相手のSさんに助けられたのも大きかったのだと思います。 Sさん、ありがとうございました。

114鞍目・駈歩の扶助

20161206_horse.jpg「ブルちゃん、お久し振り! 今日はよろしくお願いしますね」

11月は何かと行事があってレッスンを受けらえなかったのですが、ブルームーンとのレッスンは2ヶ月ぶりになります。

狭い屋内馬場で、しかも2頭のお馬さんが一緒です。 こんな時って、相手の人に迷惑をかけるんじゃないかとか、お互いにいろいろと気になって本当に困るんですよね。

でも今日のお相手は、以前に一度ご一緒したことがあるので少しは気が楽でした。 「よろしくお願いします!」って、感じでスタートです。(※写真はレッスンとは関係ありません)

駈歩発進をするのですが、何度やっても半周くらいで速歩になってしまいます。 
「内方脚の位置が徐々に後ろのほうに下がっていくので、ブルは何の合図なのか迷ってますよ~!」

私の場合は駈歩発進の後に、内方脚が外方脚と同じ位置に徐々に移動してしまうようです。 一番大切な脚の固定が崩れてしまう結果、駈歩が継続できないということです。 素晴らしいアドバイスを頂きました。

内方脚の位置を意識してみると、なるほど! ブルも迷うことなく駈歩しているようで、スピードもアップしたように思います。 走れ走れ!・・最後の5分間、私にとっては大いなる収穫の5分間となりました。

小諸YH

この度の旅行で利用させてもらったのは、浅間トレッキングの隣にある「小諸ユースホステル」です。 
ユースに泊るのは人生最初の経験です。 ユースホステルと云えば、かっては学生や勤労青年の低廉な宿泊施設として良く利用されたのですが、一言でいえば何となく窮屈なイメージしかありませんでした。

例えば、宿泊するには会員証が必要か若しくは会員と一緒でなければならないとか聞いたことがあります。 また、食事なんかはセルフサービスであったり、食事の後には管理者でもあるペアレントや宿泊者同士の友好を深める為のミーティングに参加しなければならないとか・・・。

そんな時代は過去の事で、現在ではすっかり変わって利用しやすくなりました。 勿論、食事の準備を手伝う事もなく、ミーティングなどの拘束行事もありません。 そして、ゲスト料金を払えば会員証も必要ありません。 但し、ベッドメーキングだけは自分でする程度ですから個人の自由を制限することはありません。 なんと、嬉しいことにビールの自動販売機も完備しています。

20161113_youth.jpg

「食事の時にビールを飲んでも良いんですか?」私の問いに、「勿論ですよ」とご主人から即答でした。
宴会施設ではないので、何時までも良いということでないことは、どこの宿泊施設でも同じことで一般常識の範疇で行動しなければならないのは当然のことで、私にとっては珍しく30分程で席を立ちました。

「家でも食事時間はその程度にしてよ」って声がどこかから聞こえたように思いましたが、私の思いすごしか単なる空耳だったのでしょう・・。

森の中をはしる

20161112_pony.jpg昨日は小諸に着いてすぐに、出迎えてくれたのがこの2頭の可愛いポニーでした。 

手前の茶色の子が”めだかちゃん”、草に隠れていて少し見ずらいのですが、奥の方にいる白と黒の乳牛のようなのが、最近この牧場に来たポニーでまだ名前がありません(早く付けてあげてよ~)。

気持ち良く晴れた秋晴れの中を、午後一番の外乗に出発です。

紅葉のきれいな場所で写真を撮りたいとお願いしたら、インストラクターが、「それじゃぁ、久しぶりのコースですが行ってみますか!」とコースを変更してくれました。

舗装道路も走る! 山道の上り坂も走る! (クリックで写真3枚)

そして紅葉が見れる筈の目的地に着きましたが、「あれ、全部散ってしまった!」 
残念ながらモミジの梢には葉っぱがわずかしか残っていません。 でも、モミジの絨毯を踏みしめるのも一興かも・・ね。 まづは相棒スピリッツ君とのツーショットを・・・。 帰りの道すがら、少し開けたところでは道端の草に目が行く食いしん坊のスピリッツ君です。 (クリックで写真3枚)


新幹線の旅

20161111_komoro.jpg北陸新幹線の利用は今回が2回目、新幹線が開通したからってそうそう乗車する機会がありませんね。

今回は一人旅だし、そのうえに気温が下がって山間部では氷の情報もあり自動車の利用を避けて便利な北陸新幹線にしました。

朝から雨模様で富山を過ぎた頃からは雨になってしまいました。 天気予報では午後になれば雨も上がるということなので大きな心配はしないものの、それでも窓ガラスをぬらす雨は半端ではありません。

小諸駅に到着する頃には雨もすっかり上がり、雲間からは青空も顔を表す絶好の秋晴れとなりました。 昼食は駅前の「新そばまつり」の幟(のぼり)のある蕎麦屋さんに入りました。

迎えの自動車に乗り込み、「坂道の町小諸」を山間部へと向かいます。 目指すは「浅間トレッキング」

目的は外乗(乗馬)なのですが、もう一つの目的は紅葉の写真撮影です。
出来れば紅葉をバックに放牧場で自由に草を食む馬の写真が採れたらいいなって思いもあるのですが、紅葉の最盛期にしては少し遅かったようです。

浅間トレッキング

二日目の小諸市の朝は土砂降りで明けました。 予報では曇りだったのに、夕べ辺りから雲が下りてきて霧雨のようだったのが、今朝は大粒の雨になったようです。 初めて小諸市まで来た私の主なる目的だったのは乗馬の外乗なのに、天気は最悪となってしまいました。

こんな事もあろうかと雨具は準備していたものの、山の天気はままならないものですね。
浅間トレッキングの場所は昨日のうちに下見で確認していたので道に迷う心配はありません。 約束の時間に受付へ行くともう既にお客さんが来ていました。 今日の外乗をご一緒することになった女性で、関東方面から来られたそうです。 「私、晴れ女なの・・」って。

スタッフのいよさんもブログでは晴れ女をアピールしているのですが、「私の担当ではないので~っ」 
私達の外乗に同行してくれるのは晴れ女のいよさんではないようです。

20160913_gaijoh.jpg

それでも出発する時には雨も小振りになり、関東から来た女性の「晴れ女効果」が出たかな。

林の中を進む4頭は・・・先頭はスタッフが乗る高齢馬(21歳)のショー君、2番手はNさんが乗る桃太郎君、3番目がYさんでスピリッツ君、最後尾は頭の先が少ししか見えませんが私が乗るアセイ君です。

コースは草むらから赤松の林を抜け藪の中を進みます。 アップダウンの道なき道を進むのは私にとっても新鮮で初めての経験です。 森を抜けた山道を速歩で1km程駆け抜けるのは爽快そのものです。

森の中は木々の葉っぱが自然の傘となって、雨が降っているのかも分かりません。 ただ停まると藪蚊がブーンと音を立てと顔のあたりで飛び回るのには閉口しました・・が。 約90分の楽しい時間ってすぐに経ってしまいますね。 私達のグループが馬場に着くと同時に、晴れ女のいよさんは女性3人を先導して笑顔でスタートして行きました。

102鞍・広い馬場で

関東や東北方面ではゲリラ豪雨で大変なことになっているというニュースですが、北陸地方は今日も真夏日で「今日も暑いですね、熱中症に気をつけてね」が会った時の挨拶になっています。 

レッスンのお相手をして頂けるお馬さんは、例の気難しいホイミー先生なのですが、実はホイミーがお相手のここ2回のレッスンでは続けて苦汁を嘗めさせられていて、私にとっては苦手のお馬さんです。

いつもの通り簡単には「裏堀※1」をさせてくれませんが、それでもインストラクターがついていた事もあってか思いのほか順調に出来ました。 ホイミーは相手を見るんですね。 賢いと云えば賢いのかもしれませんが、ズルイと云ったほうが合っているかも・・。
※1 蹄の裏に詰まった藁、おがくず、泥、石、汚物などを掻き出す手入れ作業)

そんなホイミー先生とのレッスンが始まります。 前2回の屈辱を晴らす事が出来るでしょうか。

20160802_hoyme.jpg

「今日は全面(屋内馬場)を使って練習します」って、ラッキーと喜んで良いのかなぁ?
広い馬場でホイミーが全く動いてくれなかったら私にとっては3連敗になるし、何よりも恥ずかしい結果になってしまうし落ち込んでしまうこと間違いなしだもんね。

前の2回については自分なりに反省したのは、駈歩(かけあし)で前傾姿勢を意識しすぎたことでバランスが崩れていたのでしょう。 最初の5分間ほどはなかなか調子が出ないホイミー先生でしたが、バランスに注意しながら・・・何とか少しづつ動いてくれそう。 お願い、ホイミー先生ですね。

速歩も気持ち良く回れましたし駈歩も広い馬場を一周できたのは大きな自信になりそうです。 ただし、左手前では鐙(あぶみ)が遊んでしまう事を除いては・・・。

96鞍・アウトクラトール

20160629_autocrator.jpgこれまではマンツーマンレッスンでしたので誰にも気兼ねすることなくマイペースで練習することが出来たのですが、前回からは複数の人が一緒になって練習する”部班”レッスンとなりました。 

部班になると誰しも思うことは、自分の技量不足によって他の人に迷惑を掛けるのではという不安が付きまとうことで、そんな事を思っていると更に巧く行かないスパイラルに陥ってしまいます。

今日はラッキーなことにマンツーマンでした。 おまけにお相手のお馬さんは初めて乗る”アウトクラトール”です。
受付の人から、「皆さんはクラトールと呼んでいて、競馬では一億円以上稼いだんですよ。」って。

これまでのブルムーンやホイミーとは違って、動きは活発で扶助(指示)にもすぐ応えてくれます。 速歩もスピード感があって気持ちよく乗れました。 駈歩のスピードも速くてカーブでは振り落とされそうになります。

「駆け足のままで輪乗りに入って下さい。」って、それは無理でしょう。 やはり無理でした。 
バランスが崩れて、駈歩が速歩(はやあし)になってしまいました。 反動が強いのでバランスを維持するのが難しく、アウトクラトールのスピードについていけません。 インストラクターからは、「一回目だからね」と、慰め(?)の言葉を頂きました。(※写真クリック

     
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示