タマネギの収穫

タマネギを収穫しましたが、葉っぱが倒れてからこの間に、急激にタマネギの球が大きくなったように思います。 一週間ほど前にはこんなに大きくなっていなかったと思うのですが、小振りな形のものは殆どなくて、全てが大玉になってしまったようです。 大きければ良いと云うもんでは無いでしょうね。

タマネギの苗を植えた時は余りにも立派な苗だったので「男タマネギ」が多くできるのではないかと心配していたものの、心配したほどでなくて安心しました。 それでも40個余りの「男タマネギ」ができました。

男タマネギが登場したのが昨年が初めてでその時はは5,6個だったのですが今年はなんと、40個余りも登場しました。 発生率は約6%ですが、この数字が高いのか低いのか・・。 おとこタマネギを発見 !

20170605_onion.jpg

スタートが遅かったので収穫して干す作業が終了したのが14:00過ぎでした。 全部を干すのが困難なので、タマネギを送るところへは干さずにその場で箱詰めにして郵便局の窓口へ直行です。
「届いたらすぐに箱から出して軒先にでも吊るして乾かして~」のメールも忘れずに・・ね。

苗の植付と収穫時には、頼りになる助っ人が登場するのは勿論のこと。 今回も大活躍してもらいました。 
活躍する様子は・・(写真クリック:3枚)

今年もショウブ・・は

ミラエースの慣らし運転を兼ねてお隣の富山県高岡市の道の駅「万葉の里」までドライブしました。 初めてだと思っていたのですが、某団体の研修旅行で行ったことがありました。 それも、駐車場前の交差点に停車したときに気付くなんて・・。 「遅~っ」ていうか、行ったのは数年前なのに、もう健忘症(ボケ)と言われても・・?

そんな慣らし運転から帰ってきて横になっていると電話がかかってきて、「ショウブあるが~?」と有難い電話です。 毎年同じことを書いているようですが、ショウブ湯のショウブがあるのかと聞いてきてくれるほど有難いことは無いですね。 「無いげぃ~っ! 今貰いに行きます」って、そして今年もショウブ湯に入ることが出来ました。 過去記事:菖蒲湯

20170604_shobu.jpg

名勝 夫婦岩 !!

牛下(うしおろし)のバス停付近の一部広くなっているエリア周辺が綺麗に整備されました。 それまでは道路沿いには雑草が生い茂り、崖の方には雑木が視界を遮っていたのですが、今年の春ごろからは雑草も刈られて海が見通せるように雑木も伐採されました。 広場は最適な駐車場になります。 

突然現れた「名勝 夫婦岩」の標柱も真新しく立ちました。 牛下地区の取り組みによって能登金剛に新しい観光名所が誕生しました。 地元の人しか知らないパワースポットとして紹介されましたが、地元の人って牛下地区の人を云うのかな? 私は初めて知りました。

牛下吹上の滝の下の海岸に立つとこの夫婦岩は重なり合って見えるので気が付きませんでしたが、この位置からみると立派な夫婦岩に納得です。 (写真クリック:3枚)

20170531_meotoiwa.jpg

観光マップにも載っていないので観光バスが止まることもありませんが、それでも最近では「夫婦岩」の標柱が目に入り広場に車が停まって観光客が写真を撮っている光景を見ることも増えてきました。

残念なのは赤くなってしまった松の木が気になるのと、道路沿いの広場も安全面からは正式な駐車場として整備されると良いですね。 

無料長期保証 !!

毎日使用するので故障しやすい家電と云えば洗濯機ではないでしょうか。
単に電動機を定速で回すだけでなくて、反転させたり高速に回転させたりと酷使している訳ですから故障する率は高いと思います。 そんな我が家の洗濯機ですが、1ヶ月ほど前から回転の音が大きくなったと聞いていたのですが、遂に昨日は回転もしなくなってしまいました。

回転音が大きくなってきたという頃から、また、新しい洗濯機を購入しなければならないかなと思っていたのですが、見た目には新しいこの洗濯機いつ買ったのだったかな? ブログで検索すると・・2013年かぁ。 
まだ3年しか経っていないのに・・・。
過去記事を最後まで読んで・・ウン、何々、無料長期保証だって! 新しい洗濯機

「オ~イ、洗濯機の保証書ってある?」「あるよ~」 
このときの返事は、神のお告げかと思うほどの有難さ・・。

そして今日、外出先から帰ってくると、洗濯機は音も静かになって快調に回っていました。
全く役に立たない「保証書」と今まで思っていたのですが、保証書って大切に保管しとかなくちゃならないものですね。 初めて保証書の有難さを体験した保証書記念日(古~っ!)となりました。 (こんな記念日のこと・・・解る人は分かる ?!)

新しい軽乗用車 !!

最近、ドラマや映画で活躍している高橋一生さんのCMが話題になっている(かな?)ダイハツのミライースです。 5月にモデルチェンジをしたミライースで、外観がこれまでの丸っこい感じから角ばったスタイルになって見た目にもカッコ良くなったと思います。 燃費が良いのも良いのですがそれよりも安全性を重視した”スマートアシスト3”を搭載しているのが魅力です。 

フルモデルチェンジ発表前に先行予約という形でこの日を待っていたのですが、午後から羽咋ダイハツで受渡しを完了した新型ミラエースの第1号車です。 早速、能越自動車道で試運転をしてきました。

20170528_mira.jpg

乗り心地は・・まあ、軽自動車ですから快適とは言えませんね。 でもこれまでの軽自動車に比べて加速性能は良くなったと感じました。 それにライト関係は全てがLED使用になって明るくなったのと前後4個のコーナーセンサーが標準装備になっているlこともありがたいですね。 室内も案外広く感じる分、ドアーが薄っぺらに感じます。 長距離には耐えられませんが金沢までの距離なら軽自動車と云うことを考慮すれば、まあ満足できる車だと思います。

センターラインを越えたり、コーナーリングのときに路側帯のラインを踏んだりするとアラーム音がするのが耳触りになりますが、これが”スマートアシスト3”の特徴でもある安全性重視の点でもありますが・・。



遅れた・・キュウリ

ジャガイモショックから一週間になりました。 ようやく、仕方が無いと諦めもついたのですが、被害を受けた畑は片付けたの・・? って、片付ける訳ないだろう、そのままにしてあります。(と云うことは、諦めたわけじゃないんじゃないの!) その内に・・ね。

そんなこともあって植えるのが遅れていたキュウリですが、例年通りグリーンカーテンを兼ねた棚を作ってようやく2本を植えました。 大体2週間ほども遅れた植付になりましたが今年も一杯生って下さいね。

20170525_kyuri.jpg

植えたのは私なのですが、突然キュウリのアレルギー症になった私としては近づく事さえ避けることにしています。 今後の管理・収穫などの作業はすべて妻に一任となります。 キュウリ

苗のうちは大丈夫なのですが、大きくなってくるとアレルギーの症状はてき面で、痒み止めの薬が欠かせません。 最近では近寄ることも避けています・・。 もちろん、キュウリの漬物は美味しくて好物ですよ。

サクランボを啄ばむ

風が無いのにサクランボの枝がよく揺れるなぁと思っていたら、大きめの野鳥が葉陰から赤く色づいたサクランボをしきりに啄(つい)ばんでいました。 サクランボが垂れ下がっているので、野鳥が食べるときには自然と葉陰に隠れるような状況になるので気が付きませんでした。

このサクランボ自体は店頭で並んでいるような立派なサクランボとは違って、粒は小さくて少し酸っぱくてとても美味しいとは言い難い代物ですが、野鳥にとってはさぞかし美味しいのでしょうね。

木の持ち主も云っていましたが、このサクランボは人間の口に入ることは少なくてそのほとんどが野鳥の餌になってしまいます。 「みんな、ギャアギャアの餌になるげわいね」と話していましたが、この大きな全体が灰色っぽい野鳥こそが「ギャアギャア」と呼ばれる鳥なのでしょう。

20170522_hiyodori.jpg

子供の頃は私たちも「ギャアギャア」と呼んでいたのですが、この鳥だったのでしょうか。 名前の由来は喧しいくらいの鳴き声にあるのでしょうが、じっさいにはギャアギャアといった、けたたましい鳴き声ではないものの、とにかく喧しいのだけは他の鳥にもひけはとらないかも知れませんね。

ギャアギャアなる怪鳥の正体は、頭はボサボサで全体が灰色、目尻から頬全体ににかけては茶色のマークが特徴の「ヒヨドリ」です。(写真クリック:2枚)


ヒヨドリの鳴き声は・・・(You Tube から)  やっぱり喧(やかま)しいわ!

剣・立山・黒部は寒く ♪

雪がシンシン降る朝は 剣、立山、黒部は寒く 雪ちゃんの便りは麹味噌・・ は、「日本海味噌」のCMソングですが、雪をかぶった立山連峰が久しぶりに見えました。 

春の北アルプスが見えたのは2014年以来で3年ぶりになります。 
今回は、立山連山とは少し離れた位置に見られる薬師岳の写真を3枚掲載しました。 撮影場所は旧西海小学校と風戸の集会場の坂を小学校の方へ登りきったところの2か所です。(写真クリック:5枚)

撮影は昨日でしたが加賀の白山も珍しく綺麗に見えました。 白山が見えると天気は下り坂だと言われていますが、今日も快晴の暑い日になりました。 そろそろ畑には雨が欲しい頃なのですが、この好天はまだしばらく続きそうです。

20170520_alpus.jpg

最悪 !!

ギャアー、やられた~っ(悲鳴)! 最悪!

いつものコースでウォーキングなのですが、先日やっとのことで一番土をしたジャガイモ畑です。
ん? 様子が変! 元気だった葉っぱが萎(しお)れたように見えるのはなんかの見間違い・・と思いたいよね~っ。 でも、見間違いではありません、間違いなく萎れていて、そのうえに掘り返されていました。

20170519_hatake.jpg

ショック! しばし呆然・・と云うのはこんな事を云うんでしょうね。 ジャガイモ畑は全滅になっていました。 そうです、これまで被害にあうこともなくて喜んでいたのですが、遂にイノシシに荒らされてしまいました。 それも壊滅的な被害という奴ですね。 7畝あったジャガイモも6畝は完全に掘り起こされて、無残にも成長したジャガイモの芽はことごとく横倒しになっています。(写真クリック:4枚)

昨日は生き生きとしていて花を摘まんでいたのですから、被害にあったのは昨夜と云うことになります。
三日前に近くのジャガイモ畑が被害にあったという人と話をしていたのですが、掘った形跡があるのでイノシシの仕業に間違いないと思います。 しばらくはその場に立ち尽くしていました。 後片付けもする気にもならず、そのままほったらかしにして帰ってきました。

新ジャガを楽しみにしていた人達には残念ですが、今年はお送りする事が出来なくなってしまいました。
ブログを通じて報告させてもらいます・・本当に残念です!


春のモミジ

モミジは秋のものとしか思っていたのですが、そんなことは無くて春に紅葉するモミジってあるんですね。 近所の空き家の敷地にはモミジの紅葉が最盛期とばかりに初夏の青空をバックに鮮やかに咲いています。
咲いているという表現も変だとは思いますが、単純に紅葉していますと言った方が良いのでしょうね。

春にモミジの葉が赤いのは若葉だからだと思っていたのですが、そうばかりではなくて春と秋の2回も紅葉するモミジがあるようです。 春紅葉といってデショウジョウ(出猩々)とかチシオモミジ(血潮紅葉)などの品種のモミジが春と秋に紅葉するモミジだとか。 紅葉ばかりではなくて黄葉するモミジもあってモミジと一言で片付けられない程多くの品種があるそうです。

この家の庭にある深紅の葉をしたモミジはどちらの品種なのでしょうか、それとも他の品種のモミジなのでしょうか・・。 夏になれば緑色の葉になりますが、今は写真でも分かるように目を見張る鮮烈な色をしたモミジです。

20170518_momiji.jpg

     
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ホームページ
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー
誕生日:2000年8月13日
性  別:男性
趣  味:散歩(最近は昼寝)
特  技:お座り、お手&待て!

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報

※日本気象協会(tenki.jp)

最新記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示