FC2ブログ

復調の兆し

20181125_sign.jpg11月も下旬に入ってから、東北地方では平年よりもかなり遅い「初雪」の情報も聞かれるようになってきました。

先月の終わりごろから体調を崩し始めてからやがて一ヶ月にもなろうとしていますが、やっとの事で回復の兆しが見えて来たようです。

昨日あたりからは微熱の方も安定してきました。

主治医からはアレルギー症状が出ているという話でしたが、薬の効果だ出てきたのかも知れませんね。

アレルギー症状はてっきり抗ガン剤の副作用だと思っていたのですが、本来からのアレルギー体質だと云うことで、「いつまでも抗ガン剤の所為にしないで、気持ちはわかるけど・・」と云われました。

そうだよね(??)、7月を最後に、この4ケ月間は点滴を受けていないもんね。 
アレルギー症状は、人によっては2~3ヶ月ほど続くそうですから、私の場合は軽い方なのかも知れません。

ファームウェアには注意 !!

家には2台のプリンターがありますが、ルータを換えた時に印刷速度が極端に遅くなって困ったことがありました。 その時は、ルータのメーカーから不具合対策として新たなファームウェアを提供してもらって解決した事がありました。 すっきり !!

その後は2台のプリンターは順調に動いていたのですが、今度はプリンターのファームウェア更新の案内があったので、これまで通り何のためらいもなく当該のプリンターのファームウェアを更新したのでした。 この時に動作確認しなかったのですが、数ヵ月後にこのプリンターで印刷したらこれまた印刷速度が遅い前の状態に戻ってしまっていました。 変化があったのはファームウェアを更新した時以外にありません。

サポートセンターへの情報提供を重ねたが一向に埒が明かないので、このプリンターは使わないことにして、機会があれば廃棄処分にするつもりでしたが、今日届いたメーカーからのメールには「EP-4004 最新ファームウェア・アップデーター」の文字が・・。 おおっ! 更新の内容を見てみると、「無線LAN接続の際、印刷が遅くなる点に対応しました。」の文字が。 ああ、ようやく不具合を理解してもらえたんだ~っ。

20181121_farmware.jpg

動作確認もOK、廃棄するはずだったプリンターが救われた瞬間でした。
今回は、サポートセンターに感謝するのではなく、全国の多くのユーザー仲間(?)に感謝したいと思います。 サポートへの情報提供は途中で嫌になってくるんですよね。 

特に不具合に関してはすぐに見直すことは絶対にありません。 こちらからの情報だけで判断するしかないので仕方がない事だとは思いますが、それにしても回答として返ってくることは、「次の項目について試して(確認)ください」との内容しか返ってこないことです。 そんなことを4回も5回もやらされたら、「もういいや、同じ様な事を何度も、いい加減にしろよ」となってしまいますし、今回の不具合も3回の情報提供をした時点で、もう駄目だと諦めていました・・。

ファームウェアの更新は必ずしなければならないというものではありません。 
現状で問題なく動いているのであれば更新する必要がないので、変更の内容を確認して更新の必要性を判断することが大切です。(反省 !) ・・・とは云うものの、やっぱり最新のものに更新してしまいますよね。

薄日射す福浦港

巌門から福浦トンネルへの下り坂の中程、観光スポットになっている地点でマイクロバスの車中から撮影した午後3時ころの福浦港です。 厚い雲の隙間から薄日が差して海面は輝き、空の雲も灰色のグラデーションがとても綺麗でした。

マイカーだったら車を止めてじっくりと時間をかけてシャッターを切りたいところですが、マイクロバスではそれも無理な話で車中からの携帯電話での撮影となりました。 思いのほか良く撮れていると思います。

20181118_fukuura.jpg

ここ3週間ほどは体調が思わしくなくて家に閉じこもりがちだったのですが、思い切って今日は久し振りの外出となりました。 微熱が取れないものの、気分はそれほど悪くはないので、気分転換が却って転機になりはしないだろうかとの期待感を込めての外出で、向かう先は「いこいの村 能登半島」です。

古希を祝うクラス会ですが、参加者の大半はいつも顔を合わせる地元周辺地区からで、遠来組は関東方面からは3名の出席となりました。 北陸新幹線が開通してからは近くなったとは云え、それでも能登まで出かけてくるのは簡単なことではないのに、参加してくれる同級生には感謝の一言です。

窓の明かり

20181117_grass.jpg秋らしい穏やかな天気が続いている最近です。 窓から差し込む日差しで、この頃時々耳にするようになった豆苗の若い芽もすくすくと伸びています。

最近耳にするようになったのもその筈、日本における豆苗の歴史はそれほど古くはなくて、1970年に入ってからと云いますから新しい食材と云っても良いでしょう。

豆苗はエンドウの若菜で、元々は大きく成長したエンドウの若い葉と茎を摘んだもので、中華料理の高級食材だったが、最近は主に豆から発芽させた幼い状態のエンドウが、根付きまたはカットされて販売されているのだとか。

豆苗としてエンドウの若菜を食べるようになったのは中国で、収穫される量も時期も限られるため、一部の高貴な人やお正月などの特別なときにしか口に出来ない希少品であった。
日本に豆苗が登場するのは1970年代の日中国交回復以降である。 1995年頃から、植物工場で豆を発芽させた状態の豆苗が栽培されるようになると、年間通して安定生産が可能となり、一般野菜として家庭にも浸透するようになった。 特に2008年のリーマン・ショック以降、豆苗の需要は急速に伸びている。


餅米

20181113_mochi.jpg餅米を頂いたので、今年の始めに買った「力じまん」の出番となりました。 2回目の登場です。

今回は2升分を準備しましたが、やはり2升となると多いですね。 蒸し上がって立ち上る湯気の美味しそうな香りはやっぱり良いですね。

ついつい摘まみたくなります。 捏ねる前に蒸し上がったなりの餅米を一口、う~ん旨い。 半分は餡子あんこ餅ときな粉餅にし、残りはのし餅にしました。

どこの家庭でも必ず物置の隅っこに隠れるようにしまってある餅つき機ですが、「欲しければあげるわ」と言わないで使ってみることをお勧めします。 せっかく買った便利グッズですから・・・。

きたての餅を頬張りながら、ふと暦を見ると早いものでもう11月も半ばになるんですね。 そういえば先程、注文していた来年の年賀ハガキが届きました。


県民の歌

突然ですが「石川県民の歌」を知っていますか? 歌えますか? 聞いたことが一度でもありますか?
30~40代の若い人達に聞いても、「そんな歌、聞いたこともないし歌ったこともない」としか返事が返ってこないのですが、それほどまでに馴染みがなくて、聞くことも歌う機会もないうろ覚えの石川県民歌を夢の中で歌っていました。(なんのこっちゃ・・・?)
演奏時間が少し長いのですが、懐かしく思う人はさわりの部分だけでも聞いてみてください。

私達の世代の人はほぼ全員が聞いたこともあるし歌ったこともあると思うのですが、どんな機会のときに歌ったのかと聞かれると・・さて、いつ歌ったんだろうか全く思い出せません。


現在の石川県民歌は2代目で、当時の皇太子(今上天皇)の成婚(いわゆるミッチー・ブーム)を受けて全国を対象に公募を実施し、歌詞487編・曲182編の応募作を選定委員会が審査して1959年11月3日(文化の日)に発表された。 日本コロムビアが若山彰と初代コロムビア・ローズの歌唱を吹き込んだSPレコードを製造している。

都道府県民の歌を正式に制定しているのは全国で44の都道府県だそうで、制定もしくは指定していない県もあって全てではないのだとか。 因みに、制定していないのは大阪府・広島県・大分県の3府県です。

一方、複数の歌を持っている道府県は、北海道の3曲をはじめとして青森県・宮城県・秋田県・東京都など12県があります。 北海道の道民歌は、3曲とも北海道の開拓史を物語るかのようです。

なかなか元に戻りません

先月後半になってから出始めた咳ですが、少しは良くなったとは云え回復したと言うにはまだまだ、大きく咳き込むことが少なくなってきたのは良いのですが、微熱が残る状態なのはとても気になるところです。
(なんか変な日本語になって仕舞ったけど・・・まあ意味が通じればそれで良いかな)

先週も主治医に診てもらったのですが、風邪ではなくてアレルギー症状が出ているのが原因だとか。 
このアレルギー症状とは今後もお付き合いしていかなければならないのだとは、仕方ないですね・・・。

日溜りのカマキリ

秋の日溜ひだまりを受けてブロック塀からこちらを覗いているカマキリの姿がありました。
ジッと身構えるカマキリですが近くによっても微動だにせず、両方の脚を大きく開いたままでひたすら武器である両方の鎌を拝むように構えたまま獲物を待ち受けています。(レンズでは獲物になりませんな~)

ウン? よく見るとこのカマキリの色、緑色じゃないんだぁ。 
一般的(私的 ? )にはカマキリの色って緑色だと思っていたのですが、秋になって枯葉が多くなってくると保護色の茶色になるんだ~と勝手に思ってみたのでした。 本当・・?

20181107_kamakiri.jpg

そこで、ググって見たら全然違いました。 変色もしないし元々、茶色のカマキリもいるんだって。

カマキリの種類によってその体色に違いがあるのかと云うとそうではないようで、同じ種類のカマキリでも色が違うことが一般的なのだそうです。 緑色型と茶色型のカマキリは生まれながらにして「5:5」の割合で現れるのですって・・。 そしてもっと驚くことに、雄と雌の割合で比較すると、緑色型のカマキリは圧倒的にメスが多いそうです。 そして誰もが知っているように、カマキリは交尾中に共食いをしますが、食われてしまうのは小さい方のオスです。 怖いですね・・。

体色についても成長するにつれて生息する環境によっては保護色に変わると云う説もあるし、共食いについてもメスが生む卵の量に関係しているのだという話もあって、カマキリについて調べてみると面白いかもしれませんね。

予防注射

20181103_wind.jpg気温の方は少し低いのですが、それでもここ数日は日中は青空も多く見られて秋らしい日が続いています。

寒暖の差が激しくて体調がついていかなくて風邪気味なのですが、2週間程前から咳がひどく特に夜になって咳き込むとなかなか止まらなくて困っています。
安眠妨害も甚だしいとこですね。

それはそうと、ここ3年間程インフルエンザの予防接種は受けてなかったのですが、免疫力が低下しているということと主治医の勧めもあって4日前に受けてきたのですが、その際に、「私の場合は1週間程して、本当に風邪にかかったような症状になりました」と主治医の話でした。 私は3日で出たようです。

昨日の夕方から嘔吐感がするし立っていてもフラフラする状態で、体温を測ったら 38℃もありました。
悪寒もしないし体も熱っぽくはなくて倦怠感もないので体温計を見て驚きましたが、これって寒暖を感じなくなると云う高齢者特有の症状でしょうか・・?

インフルエンザの予防接種については以前にも書いた(風邪かな!?)のですが、接種しなかったこの期間も幸いなことにインフルエンザにかかる事はありませんでした・・・が。


ストーブが恋しくなりました

20181031_stove.jpg明日からは霜月ですが、夕べから今朝にかけてかなり冷え込みました。 朝晩の冷え込みにはエアコンで寒さを凌いでいたのですが、我が家にも遂に石油ストーブが顔を出しました。

やはり石油ストーブの赤い炎が目に入ってくると、もうそれだけでも暖かく感じてしまうのは良いですね。

最近の家庭(特に若い人)では断然にファンヒーターが多いと思うのですが、どうもあのモーターの回転音が雑音として耳に入ってくるのは高齢者には不向きのように思いますね。 それでなくても耳が聞こえにくくなっているのにファンの回転音はいただけません。

扇風機の微風、それも間欠で動くものが良いかもしれませんね。

     
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

チャッピー

名  前:チャッピー

愛犬のチャッピー君
(2000/08/13~2018/03/04)
性  別:男性

メール ・ 管理画面
カウンター
今日の天気&予報
最近の記事
月別アーカイブ
〖日付の古い順で表示します〗
カテゴリ
〖日付の新しい順で表示します〗
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示